緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 手続き・くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税(償却資産) > マイナンバー記入と提示書類のおしらせ

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

マイナンバー記入と提示書類のおしらせ

『行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律』により申告書に個人番号・法人番号を記入するようになりました。
番号の記入をお願いいたします。

  • 個人で事業をしている方は、12ケタの個人番号(いわゆるマイナンバー)を、
  • 法人で事業をしている方は、13ケタの法人番号を、

それぞれ申告書の「3 個人番号又は法人番号」欄に右づめでご記入ください。

個人で事業をされている方の申告書の提出時の注意

個人番号(マイナンバー)が記入された申告書の提出には、以下のものの提示や添付が求められます。

(法人番号が記入された申告書の提出には、以下のものの提示や添付は不要です。)

1 本人が申告書を提出するとき(窓口・郵送)

本人が申告書を提出するときは、(1)個人番号の確認(正しい番号か)(2)身元の確認(番号の正しい持ち主か)の2点を確認する必要があります。 ※郵送の場合は写しを同封

(1)個人番号の確認のために
  • 個人番号カード
  • 通知カード(※) 等
(2)身元の確認のために
  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 旅券
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る) 等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 代理人が申告書を提出するとき(窓口・郵送)

代理人が申告書を提出するときは、(1)代理権の確認(2)代理人の身元確認(3)本人の番号確認の3点を確認する必要があります。 ※郵送の場合は写しを同封

(1)代理権の確認のために

法定代理人の場合

  • 戸籍謄本その他その資格を証明する書類

法定代理人以外の者(法人含む)の場合

  • 委任状
  • 税務代理権限証書 等
(2)代理人の身元確認のために

代理人が個人である場合

  • 代理人の個人番号カード
  • 代理人の運転免許証・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券 等

代理人が法人である場合

  • 登記事項証明書又は印鑑登録証明書
    +法人社員証 等
(3)本人の番号確認のために
  • 本人の個人番号カード又はその写し
  • 本人の通知カード(※)又はその写し 等

※「通知カード」は令和2年5月25日に廃止されていますが、通知カードに記載された氏名・住所などが住民票に記載されている内容と一致している場合に限り、引き続き番号確認書類として利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 エルタックスで申告するとき(電子申告)

エルタックスで申告するときは、確認書類の添付は必要ありません。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所財務部資産税課

〒430-0948 浜松市中区元目町120-1 元目分庁舎

電話番号:053-457-2156

ファクス番号:053-472-6910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?