ホーム > くらし・手続き > 市民活動 > 市民協働 > はままつ夢基金(市民協働推進基金) > 平成22年度はままつ夢基金補助金交付事業が決定しました

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

平成22年度はままつ夢基金補助金交付事業が決定しました

平成22年度はままつ夢基金事業費補助金について交付事業が決定しました。
平成22年8月4日に、市民協働推進委員会によるプレゼンテーション審査を行い、補助金交付事業が決定しました。

番号

事業名

補助金交付額

1

検察審査会制度の普及・発展を図る事業

100,000円

2

浜松市合唱連盟 合唱講習会

100,000円

3

ねこちゃ・茶・チャ♪ ~命を大切にしよう!!~

100,000円

4

環境NPOの基盤強化&ネットワーク構築事業

100,000円

平成22年度「はままつ夢基金事業費補助金」交付事業報告 

1 特定非営利活動法人浜松検察審査協会

事業名
検察審査会制度の普及・発展を図る事業
目的
検察審査会制度の普及・発展の事業活動を行い、静岡県西部住民の基本的人権の擁護を図る。
事業内容

  • 期間:平成22年9月~平成23年2月
  • 場所:静岡地方裁判所浜松支部管内
  • 対象:静岡地方裁判所浜松支部管内の住民
  • 内容:制度広報用ポスター・リーフレット・ポケットティッシュ等を自主制作し、自治会・公民館・図書館・民間企業等に掲示および配布する。公共施設を利用して、制度広報のイベントを実施する。高等学校・中学校の社会科教育「公民」授業時において、制度広報を協働で実施する。

補助金交付額
100,000円
成果
検察審査会制度の心理趣旨「平成の駆け込み寺」が、市民に間違った認識を与えている現状を講演会等で広報し、検察審査会制度の真の趣旨を認識してもらう事ができた。
収支決算書
(1)収入

科目

金額(円)

説明

浜松市補助金助成金

100,000

はままつ夢基金事業費補助金

自己資金

117,511

-

合計

217,511

-

(2)支出

科目

金額(円)

説明

需用費

78,750

ポスター制作費

66,401

リーフレット制作費

旅費

20,800

ポスター配布旅費等

役務費

36,000

INプロバイダー接続費

使用料

15,560 

講演会会場費 

合計

217,511

-

ページの先頭に戻る

2 浜松市合唱連盟 

事業名
浜松市合唱連盟合唱講習会
目的
合唱団員の技術の向上、および浜松市内の合唱団のレベルの向上。また、合唱初心者に合唱の楽しさを知る機会を提供し、浜松市の「音楽のまちづくり」に協賛する。
事業内容

  • 期間:平成23年2月6日
  • 場所:アクトシティ浜松研修交流センター
  • 対象:児童から社会人まで
  • 内容:講師を迎え、児童から社会人までの合唱愛好者および合唱指導者を対象に、「児童合唱曲」「混声合唱曲」「女声合唱曲」等、3部構成の講座とし、それぞれの合唱曲に対しての解釈や演奏法、指導法を学ぶ。

補助金交付額
100,000円(※交付額変更申請により、90,000円に変更。)
成果
午前の部では、参加者全員で合唱曲の原点であるグレゴリオ聖歌をもとに作られた16世紀の古いヨーロッパの合唱曲を歌い、午後の部では、レッスンのモデルとなった高校生から大人までの4つの合唱団の合唱を聞くことで、演奏によって何を人に伝えたいのか、そのためにはどんな演奏をすればよいのかを学ぶことができ、今まで以上により良い演奏を提供することが出来るようになった。
今回はアクト財団主催の「コーラス万歳」と時期が重なったため、児童の参加が困難となったが、小学校の音楽指導者の参加を得ることができ、合唱の底力を広げることの出来た講習会であった。
収支決算書
(1)収入

科目

金額(円)

説明

浜松市補助金助成金

90,000

はままつ夢基金事業費補助金

自己資金

114,928

-

合計

204,928

-

(2)支出

科目

金額(円)

説明

報奨金

64,000

講師謝礼、交通費

人件費

46,000

スタッフ日当、交通費

使用料及び賃借料

63,850

会場費及びマイク賃借料

需用費

7,999

楽譜代、コピー代、郵送料

合計

181,849

-

ページの先頭に戻る

3 捨て犬!捨て猫!ゼロの会 

事業名
ねこちゃ・茶・チャ♪~命を大切にしよう!!~
目的
可愛らしい猫と出会うきっかけや体感スペースを開催しながら、家族や人との繋がりを深め、心地よい空間の中で『命』について考えてもらう。
事業内容

  • 期間:平成22年9月~平成22年12月
  • 場所:浜松市内
  • 対象:浜松市内に集まった老若男女
  • 内容:会話や飲食を楽しむ空間「猫茶(ねこカフェ)」を実施。猫茶の時空を共有しながら、見て伝える『子猫の裏側パネル展』、人が抱える問題の糸口につなげる『新しい飼い主さんを探す会&困っていませんか?相談会』、自分や周りの「命」を考えるきっかけにつなげる『猫の生態や現状のお話会』等を開催する。

補助金交付額
100,000円
成果
捨て犬猫を無くすための啓発活動、命の大切さを伝える教育活動の観点はもとより、より具体的に体感スペースを創ることで、人や猫を通じて一緒にふれあい思いやる気持ちを持って命を考えようとするきっかけをつくり出すことが出来た。また、猫茶を支えてくれた団体との交流により、学校に行けない、自分を上手く表現できない等の悩みを抱える子どもや大人の、笑顔やはしゃぐ姿を多く見ることが出来た。猫茶は、動物愛護の精神が養われ心身が向上・活性化され、思いやりの心が育まれるばかりか、自己肯定を高めていこうとする過程の居場所にもなるのではないかと感じた。
収支決算書
(1)収入

科目

金額(円)

説明

浜松市補助金助成金

100,000

はままつ夢基金事業費補助金

自己資金

166,817

-

合計

266,817

-

(2)支出

科目

金額(円)

説明

人件費

40,000

スタッフ日当

報酬費

40,000

猫レンタル代

役務費

90,000

会場設営・撤去費

使用料

55,617

会場設営資機材レンタル料、会場使用料

需用費

18,000

ラミネート紙代、コピー代 等

旅費

3,850

猫搬入搬出車両の駐車代金

合計

247,467

-

ページの先頭に戻る

4 特定非営利活動法人浜松NPOネットワークセンター 

事業名
環境NPOの基盤強化&ネットワーク構築事業
目的
環境系市民グループの実態を把握し、資金調達に的を絞ってサポートを図り、活動のさらなる進展のためのネットワーク構築をめざす。
事業内容

  • 期間:平成22年9月~平成23年2月
  • 場所:浜松市周辺
  • 対象:環境系市民活動グループ40~50
  • 内容:
    • 浜松周辺の市民グループにヒアリングし、実態や課題を分析する。
    • 1の公表を兼ね、活動を支える財源確保のための「助成金セミナー」を開催する。
    • 1、2の協力・参加者を対象に、情報共有や活動の連携を図る「連絡会」を立ち上げる。

補助金交付額
100,000円
成果
<想定した事業成果に対する自己評価>

  1. 個別に独自の活動をしてきた団体同士が顔の見える関係となる。
    →N-Pocketとセミナー参加者にとってはA
    →セミナーに不参加だったヒアリング回答者にとってはB
  2. 継続的な活動を支える資金調達を学ぶ機会を提供できる。→A
    セミナー参加者の4割が「たいへん役立ち満足している」、残る6割からも「ほぼ満足である」という評価を得た。配布資料の中の「助成一覧表」が、申請時期や助成内容が網羅されていると好評であった。
  3. 環境NPOの実態や先駆者の体験談がセミナー参加者を奮起させる。→A
    「たいへん励みになり共感できた・インスピレーションをいただいた・もっとじっくり聞きたい」という声があがった。
  4. ネットワーク形成により、団体相互の協力体制構築が期待できる。
    →N-Pocketとセミナー参加者にとってはA
    1の評価と同様に、面識をもった団体は、今後、支援・協力を仰ぎたい場合には互いに連絡を取りあう関係ができた。アンケートには「交流ティータイムで話が盛り上がった。横のつながりができそう」という感想が残っている。
  5. 浜松周辺の環境NPOの実態や地域の課題を提示・共有できる。
    →N-Pocketとセミナー参加者にとってはA
    フルコストリカバリーの考え方をはじめとする資金調達の課題を認識できた。助成金や補助金にチャレンジし、申請書や報告書の作成経験者でも、人件費の算出について表面に現れにくいコストには考えが及ばなかったようだ。その中で、静岡市の「総事業費の2割を運営費として計上可」という行政からの歩み寄りには羨望の声があがった。また、雇用関係が発生した場合の労務管理など、将来的に事業体として動く心積もりの団体にとっては、なかなか刺激になったようだ。

●収支決算書
(1)収入

科目

金額(円)

説明

浜松市補助金助成金

100,000

はままつ夢基金事業費補助金

自己資金

109,860

自主事業繰越金

共催団体負担

345,400

NPO法人地域の未来・支援センター 

助成金セミナー参加費

12,500

500円×25名 

サポートセミナー参加費

2,000

500円×4名 

合計

569,760

-

(2)支出

科目

金額(円)

説明

人件費

142,750

環境NPOヒアリング、データ分析等

報酬費

30,000

講師謝礼

旅費

10,820

講師2名分

需要費

2,780

印刷インクカートリッジ

役務費

34,910

ゆうメール、データ集計編集等

使用料及び賃借料

3,100

会場費

合計

224,360

-

ページの先頭に戻る
→平成21年度の報告書

はままつ夢基金トップページに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部市民協働・地域政策課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2094

ファクス番号:053-457-2750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?