ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症情報 > 「百日咳」の報告数が増加中です!

ここから本文です。

更新日:2020年1月9日

「百日咳」の報告数が増加中です!

「百日咳」は、特有の連続する咳を特徴とする急性気道感染症で、患者の咳やくしゃみで感染します。発症しても年長児や成人では長引く咳のみで命にかかわりませんが、百日咳ワクチン未接種の新生児や3カ月未満の乳児では重症になり、死亡する危険性があります。今後も百日咳の流行が継続する可能性がありますので、感染防止対策と早期受診に努め、赤ちゃんを百日咳の感染から守りましょう。

 

百日咳の浜松市内の報告数は2019年6月末から増加しており、1月から12月29日(第52週)までの百日咳の報告数は278件で、昨年1年間の17件の約16.4倍に達しています。(静岡県では、第52週までの報告数は1,116件で、昨年の258件の約4.3倍です。)

 

つきましては、市民の皆さまにおかれましても、予防対策をしていただき、感染防止に努めていただきますようお願いします。

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健所 生活衛生課

〒432-8550 浜松市中区鴨江二丁目11-2

電話番号:053-453-6114

ファクス番号:053-459-3561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?