緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

いのちは母から

No.992
小学校6年生 女子

 私たちが生まれてきたのはだれからだと思いますか。それはお母さんからです。生まれてくることはきせきなのです。それは親からしてみればとっても大切な命なのです。だから命はかるがるしくしてはいけないのです。
 今は、自殺者が多いと私は思います。つらい思いをしたからといって自殺をするなんて、自分では考えられません。つらい思いや悲しい思いや嬉しいことを思えていることが生きていることだと思います。なにがあっても私はだれかに相談して解決することができればいいと思います。自殺者が減ると思います。社会も気軽に相談することのできる会社を作り気軽に相談できる社会になればいいなと思います。私も、大人になればいろいろななやみはあると思います。でも親に少しはあまえて相談してもいいと思います。
 私は、大人になったら自殺をしたいという心をなおす仕事もいいと思いました。そうすれば暗い未来を明るい未来にかわると思いました。そうすることで、命は大切なんだとか気づけると思います。自殺なんてそうされた方の事を考えればそんなののぞんでもいないうれしくもないただざんこくなんです。ただただ心が暗くなって生きて死んでゆくなんて、自殺者は、死ねば心もかるくなる楽になるなんてぜったいにまちがいです。ぜったいあなたのことをもとめている人は必ずいるはずです。死んだら人生はそこで終わりです。だから自殺だけでもいいからそこをさけて、いってほしいと私は思いました。それを伝えつづけたいと思いました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?