緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

命とは、親からうけついだキセキのバトン

No.958
小学校6年生 男子

 ぼくは、命とは親からうけついだキセキのバトンだと思います。なぜならば今ぼくがここにいることがそもそもキセキだと思います。
 それが何百回何千回とつづいてきました。しかしとちゅうでそれがとぎれたら次にバトンをわたす人がいなくなってしまいます。そしたら今のぼくはありません。だからぼくはキセキだと思います。
 それに命は一つしかありません。いっぱいもらえもしません。一度しかない人生がこうつうじこなどで亡くなったらキセキのバトンが次にわたせなくなってしまいます。だから自分の身は自分で守りましょう。つまり左右かくにんしてからわたりましょうということです。
 キセキのバトンにはまだまだいいことがあります。それは未来へもつないでいくことです。どんどん子を産んでまた産んでとどんどんキセキのバトンをつないでいきます。
 ぼくもこのバトンをわたすために事故にあわずにこのバトンをつなぎたいと思っています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?