緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

命を失った人々

No.957
小学校6年生 女子

 これまでに、命を失った人がたくさんいます。病気や震災など、突然死がおとずれる人もいます。
 2、3年前、多くの人々を悲しませた、東日本大震災、生きのびた人でも、多くの人を失い、友達ともはなればばれになってしまう人がたくさんいると思います。そして、いろいろな人の笑顔が、消えていきました。今でも、行方不明の人がいるかもしれません。けれど、その家族や友達は、可能性を信じ、さがしている人がいるかもしれません。
 その他に、病気で死んだ人がいます。そんな人は、どんな闘病生活をおくってきたのでしょう。子どもの時に病気になり、大人にならないで、死んでしまった子もいると思います。治ると信じて、苦しくても、元気で、笑顔を忘れず笑っていた子でも、命を失った子もいると思います。思うと、とてもざんこくで、悲しい現実だと思います。
 このように、大変な思いをしている人がいて、今私達が楽しく生活している時に、苦しんでいる人がいるかもしれません。なので、命をとても大切にしていき、がんばって生きるのが人生だと思いました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?