緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

一つしかない大切な命

No.956
小学校6年生 女子

 今年の7月おじいちゃんがたおれました。たおれたと連絡があった時、お父さんもお母さんもあわてて家族で急いで病院に行きました。
 おじいちゃんは頭とひざをすりむいて血が出たぐらいで元気そうでした。
 おじいちゃんが後遺症なく元気に目を覚ましたのは周りにいた人たちのおかげです。
 たおれた時すぐにおじいちゃんの知り合いが心臓マッサージなどをしてくれたんだとおばあちゃんが言ってました。
 おじいちゃんが死なないようにその知り合いの人は頑張ってくれました。
 おじいちゃんのように友達や知り合いが多ければもし自分になにかあったとき助けてくれて生きることができるんだなと思いました。
 最近、人が亡くなるような事件がたくさんニュースで放送されています。
 私はお母さんと、
「なんでそんな簡単に人を殺しちゃうのかな。」
と話しました。
 みんな大切な一つしかない命を簡単に殺しちゃう人はおかしいと私は思います。
 大切な命を傷付けるのではなく、助け合っていきたいと思います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?