緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

いのちをつなぐ手紙

No.937
小学校6年生 女子

 私は前、インターネットで音楽をきいていたときに、たまたまでていた「中国毛皮産業の真実」というかわいい狸の映った動画があったので見てみました。私はそれを見て、見ていられなくなり動画を止めました。その動画は始めは元気で可愛い狸の姿が映っていたのにその直後、中国人が狸を地面に強く叩きつけて殺し亡くなった狸の毛皮を取っている姿がありました。自分が血だらけで、このようにして殺されると思ったら鳥肌が立ちました。同じ人間でも、こういうことをするんだと思うととても悲しいし、同じ人間として恥ずかしいです。少しでも、そういうことをする人達がいなくなってほしいです。
 でも、たしかに毛皮のコートや食べ物などを作るには、動物が必要です。一つの命を殺してしまうことには変わりないです。でも、やるのなら、この動画のようなやり方ではなく、もっと他に、やり方があったと思います。この動画のやり方は、あまりにもひどすぎるんじゃないかと思います。
 私は、この動画を見て改めて命の大切さを知ることができました。私達が生きていくには、何匹もの動物が犠牲になっています。だから、私達に命をくれた動物に感謝し、そして、その動物達の分まで生きてかけがえのない一つの命を大切にしていこうと思いました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?