緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

家族への思いやり

No.935
小学校6年生 男子

 ぼくは家族が健康な毎日をすごせる事があたりまえだと思っていました。しかし二年前、ぼくのお父さんが病気で倒れました。お父さんは脳出血で右半身がまひしました。今も少しでもよくなるようにリハビリを頑張っています。病気になりいっぱん病とうになったときはしゃべるのもやっとでした。けれど今はリハビリをして会話もできるようになり、つえをつき歩けるようにもなりました。ここまでよくなったのはお父さんの頑張りと家族の思いやりがあったからだと思います。お父さんが入院しているときはなるべくおみまいに行きました。それ以外にも母のお手伝いをしたりしました。お父さんが退院したあとはお父さんが歩くときにそばにいて危なくないようにします。これからも家族で思いやり、自分のできることはやっていきたいと思います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?