緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

命の大切さ

No.926
小学校6年生 男子

 人間には命が一つしかありません。その一つの命を簡単に落としてしまう人は全国で約3万人いるようです。一人が簡単に命を落としてしまうとその命を落としてしまった家族親せきいろいろな人が自殺に関することで苦しんでしまいます。どんなにつらい事があっても、家族や親せきいろいろな人の事を思うとそう簡単には命を落としてはいけないと思います。命があるから、好きな事ができるしいっしょに遊んだり、しゃべったりできると思います。
 この世界は、ゲームの世界とちがって一度命を落としたら、もう生きかえることはできません。人間が、生きる時間には限りがあります。その限りのある時間、一分一秒を大切に、楽しい時間にすれば、人間の人生は、すごくいい人生になると思います。そしてだれもが楽しい人生を送るためには、周りの人が、楽しくなるような環境を作らなければなりません。
 例えば、ぼくの周りにいじめられている子がいるとします。そしたらまず、いじめをとめて、なぜいじめられていたのか聞きます。このように、友達や家族に相談できる環境が大事だと思います。
 全国の人間が楽しい人生を送れば、自殺者数も減ると思います。ぼくはこれから自殺のない世の中にしたいです。そして、友達や家族を大切に生きていきたいです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?