緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

いのちをつなぐ手紙

No.920
女性

 病気で次男を亡くした私が伝えたい事があります。
「命を大切にして!!人生は1度しかないから、自分の人生を大切にしてほしい。」
 私の次男は生まれる前から病気だった。せっかく出来た赤ちゃん…。生まれたら楽しい事をしようと色々考えてた。だけど、出産する2週間前に医師から…
「赤ちゃんは障害があります。」と言われました。「どうして…私の赤ちゃんが?何で神様はこんないたずらするの?」と泣いてばかりの日々。
 赤ちゃんと一緒に死のうと思った事、何度もありました。でも、かわいい赤ちゃんを見ると、「死ねない。」と…何度も泣きました。死ぬ事より生きる事がツライ時があります。でも、生きなくてはいけません。
 次男が亡くなる2~3日前に私の心に変化がありました。「他人から見たら私は不幸かもしれない。だけど私は太希とすごせる毎日が幸せ。」そう思った2~3日後、お兄ちゃんのバースディの日に天国に行きました。
 大切な息子を失った私は、「人生って…あっけない。私は今まで適当な人生を送っていたんだ。」という事に気付きました。息子の死によって、今までの私の人生観が変わりました。太希の分まで「いのちをつなげたい!!」と思った私が伝えれる事、それは今苦しんでいる人達に伝えたい。
「今いる世界がすべてではないよ!!苦しかったらそこから離れてみて考えよう!!力をつけて、また立ち向かえばいいから。」
 具体的に言うね!!
 今の場所から避難して下さい。両親にいじめられて事を伝えて下さい。(両親や学校の先生に言えなかったら教育委員会とか!!)
 そして、親御さんも学校に話す前に子供だんと話をしてどう進めるのかを考えて下さい。人生は、選ぶことによって未来は変わる!!
 たくさんの選択を広げてあげて下さい。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?