緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

ねこの命も人といっしょ

No.3781
小学校5年生

 わたしの家で、飼っているねこ2ひきは、わたしが産まれる前にこの家に引き取られたそうです。1才で大きくなってから、仲の良い2ひきを里親さんからあずかりました。
 1ぴきは、とても人なつっこい性格です。ですが、もう1ぴきは、あずかってから10年以上たっても、とてもこわがりで、人にさわられるのをいやがります。だから、小さいときに、とてもこわい思いをしたのかなと思いました。
 わたしの家のねこは、たまたまひろわれてもらわれましたが、世の中には、もらわれずに、そのまま保健所で殺されるねこもいると聞きました。今、日本では年間7万びき近くのねこが殺されているそうです。
 わたしは、こんなにもたくさんの命がなくなっていることに、とてもおどろいたし、悲しい気持ちになりました。もし、家のねこが里親さんにほごされていなければ、そのまま殺されていたかもしれません。そう思うと、悲しくなるし、とても、さびしくなります。
 ねこも人間も同じ命なので、命の重みは、変わらないと思います。だから、これからも人間の命だけを大切にするのではなく、動物の命も大切にすることを考えて生活したいと思います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?