緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

命の大切さを知った

No.3780
小学校5年生

 ぼくは、命がどれだけ大切か知りました。せっかくうまれた子どもたちなのにごはんも食べれず、水もきたない水しか飲めないで病気になって死んでしまって、命をおとしてしまいます。今、ふだんどおりに生活しているのがあたりまえではなく、幸せなのです。
 1年前、いとこが赤ちゃんを産みました。もし、産むのにミスをしたら、赤ちゃんの命もお母さんの命もなくなってしまうかもしれません。この感しゃの気持ちをこめて、母の日やお母さんのたん生日の日に感しゃの気持ちをこめていったほうがいいかもしれません。だから今日もあしたも、命を大切にしていきていきましょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?