緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

生き方は人によってちがう

No.3755
小学校5年生

 今年、ひいおばあちゃんが亡くなりました。ひいおばあちゃんは、何人かのまごを見て亡くなってしまいました。私には、命がどれだけ大切なのかがよく分かりました。命は、もちろん自分に使うことだと思います。ですが、人のために使うこともありだと思います。自分の命を自分だけのために使うだけだと、思いやりがなくなって楽しい人生がだいなしになってしまうと思ったからです。命は、つながっている。だれかが亡くなってしまっても、その人がつないでくれた命を、つぎの人がつないでくれると思いました。
 私には、もう1つよく分かったことがあります。それは、生きることです。長生きするほど元気な人、長生きするほどつらい人、つらいから死にたい人などと、人によってちがうことがあります。ただ、年をとるほどいやになると思います。でも、生きていかないとやりきって、楽しい人生にならないと思います。私は、思いやりもあって、命を大事に使うことが重要だなと思いました。命の大切さと、生き方はつながりがあると思います。生きるには、命がなければ生きられないからです。これからも、命を大事にし、人生楽しかったと思えるように、たくさん思い出をつくりたいです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?