緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

いのちをつなぐ手紙

No.3751
小学校5年生

 いのちは大切です。いのちは大切だからこそ、むだにしないように、お年よりを助けたり、おもいやりも大事です。それとは別に、生きることと死ぬこともすごく大事です。
 その中で私が体験した事は、ひいおじいさんが亡くなった事です。これは死ぬことです。その時は、私が小さかったからあまりおぼえていないけど、みんな悲しそうな顔をしていました。なので、自分が死んでしまったらと考えてみるといいかもしれません。
 次は生きることです。ある日、私のおじいさんが救急車ではこばれました。このことを知った時はびっくりしました。そして数日後おみまいにいったら、元気そうでほっとしました。もうすこししたら退院と聞いたので、安心しました。すぐに退院して、元気そうでよかったです。
 これが私の体験した話です。どれだけいのちが大切か分かりますか?もちろん人は死んでしまうものです。でもその1分1秒を大切にすれば、楽しく終われるかもしれません。もちろんできれば終わらせたくありません。でもそのためには、生きなければなりません。みなさん生きる事を大切にしてください。いのちを大切に。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?