緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

笑い

No.3724
小学校5年生

 ぼくにはいとこがいます。7月で2才になりました。まだうまく話せません。こちらの言うことはわかるみたいで、いつもニコニコしています。遊んであげると、思いっきり笑うので、本当に喜んでいるのがわかります。
 いじめのはじめは、クラスの中で1人の友達のことをおもしろく、おかしく話します。その時、話題になった友達もみんなの前ではいやな気分でも、みんなといっしょになって笑い飛ばして、なにもなかったふりをしていると思うけど、心の中はおちこんで悲しんでいます。それは、みんなにはわからないけど、やった人は、みんなが笑ってくれたからうれしくなります。これがいじめにつながっていると思います。たたいたりするぼう力はみんなにわかるけど、心にとどくぼう力は、その人にだけにしかわからない。だからそんな時は、何でも話せる友達がいて、なやみを聞いてもらうと、助かると思う。そうした友達をもつことが大切だと思う。ぼくは、相手を見下げた態度や、相手をけいべつしたりは、ぜったいしたくない。自分は相手の気持ちを思って、相談にのれる人間になりたいです。
 心の中からおもいっきり笑いあえる友達をたくさんつくりたいです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?