緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

命の大切さ

No.3722
小学校5年生

 お肉の大切さ。お肉は牛からいのちをもらっている。だから、お肉は大切だ。
それにおかあさんやおとうさんがいっしょうけんめいうんでくれた。いっしょうけんめいそだててくれた。それなのにしんじゃったら、おかあさんおとうさん、みんながかなしむから、命は大切だ。
 花や木の命も大切だ。虫の命、動物も、おかあさんおとうさんがいっしょうけんめいうんでくれた。なので命は大切だ。
 お肉は牛から命をもらっているけれども、ぶた、とり、羊、もちろん牛もだ。ぜんぶ命をもらってるから大切にたべよう。
 自分の命はほしい。なぜなら死んだらおかあさんおとうさんおばあちゃんおじいちゃん、みんなに会えなくなるし、ゲームもやりたいし、おいしいごはんがたべれなくなる。だからしにたくない。
 他人の命も大切。なぜなら1個しかないし、しんじゃったらおかあさんおとうさんがかなしむから、みんないきててほしい。人生でやりたいことがあったり、いっしょにいたい人たちがいると、自分の命を大切に感じる。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?