ホーム > 市政情報 > 行政区 > 南区 > 地域力向上事業 > 平成30年度事後評価結果

ここから本文です。

更新日:2019年6月28日

平成30年度事後評価結果

平成30年度に実施した助成事業について、南区行政推進会議及び南区協議会による事後評価を行いました。

市民提案による住みよい地域づくり助成事業

1.事業一覧

事業名(提案者)

事業内容

総事業費

(交付額)

単位:円

評価

結果

1

郷土史「立野の歴史 椎の木と共に五百年」発行事業

(椎の会)

郷土史を製作し、立野町内の全世帯や関連自治会、その他小中学校、協働センター等の公共施設への無料配布を行った。また、希望する個人への販売も行った。

(郷土史詳細:A4サイズ、102ページ、カラー印刷、750部)

郷土史内容:立野町航空写真・地図、町名の由来・起源、昭和の大洪水・洪水と立野地区、渡船の村、橋と道と乗り物、検地と土地改良事業、太平洋戦争と東南海地震、立野村歳時記、人口の移り変わり、年表 等

本事業により立野町の歴史を整理・記録し、郷土史として残すことにより、地域住民が郷土の歴史を知り、郷土愛を醸成するための一助となった。

また、区内小中学校への配布も行ったため、児童生徒が立野町の歴史に興味を持つことで、郷土愛が次世代に繋がっていくことを期待する。

640,927

(320,000)

結果

2

浜松ビーチ活用プロジェクト

(浜松商工会議所青年部)

(当初の事業内容)

海岸砂浜で行うことができる様々なアクティビティ(活動)を行い、男女問わず幅広い世代の多くの人が楽しめるイベントを実施する。

(1)スポーツ事業【ビーチサッカー、ビーチラン大会等】

(2)体験会事業【サーフィン体験等】

(3)女性向け事業【臨時カフェ、バー、マッサージ等】

(4)ファミリー向け事業【雑貨出店等】

(5)子供向け事業【砂丘アート展覧会等】

(6)遠州浜生態系研究事業【ウミガメや野鳥の生態研究等】

(7)防潮堤見学 ほか

(事業の成果)

多くの企業、団体等に協賛、協力をいただき、事業の期待は大きかったものの、大型で非常に強い勢力を維持した台風24号の接近により、開催を中止した。

当初の予定にはなかったものの、別日程での開催も検討したが、各種団体との調整ができず、平成30年度内での開催は断念することとなった。

企業、団体からはイベントに対する期待の声が強く、大きな可能性を感じた。今年度の経験を基に来年度の開催を検討していきたい。


1,536,031(768,000)

結果

3

新津地区防災マニュアル製作・配布事業

(新津地区自治会連合会)

地域に密着したマニュアルを製作し、全世帯への配布を行った。配布する際は、各町の自治会長等を対象とした説明会を開催し、マニュアルの内容が理解できるように配慮した。今後は、新津地区及び各町でマニュアルを活用した勉強会や防災訓練を継続的に行い、地域住民の防災意識の高揚を図っていく。

防災マニュアル詳細(共通:A4サイズ、カラー印刷)

避難行動マニュアル:28ページ、5,000部 →全世帯配布

避難所運営マニュアル:約116ページ、200部 →各町の防災隊委員に配布

685,476

(323,000)

結果

 

2.評価項目と判断基準

評価項目

判断基準

南区らしさ

  • 事業実施にあたり、南区固有の人材、資源などを活かせたか。
  • より発展、強化させることに繋がったか。

事業目的の達成度

  • 提案時点で掲げた目的をどの程度達成したか。

財政支援の必要性

  • 市が補助金を支出して支援を行う必要性があるか。

費用対効果

  • 事業実施により得られた効果と、かかる経費のバランスは適切か。

評価項目の評価
A:高い、B:普通、C:低い

3.事後評価結果

事業名(提案者)

南区ら

しさ

目的達成度

財政支援

費用対効果

評価内容

1

郷土史「立野の歴史 椎の木と共に五百年」発行事業

(椎の会)

A

A

B

B

  •   過去の地震や洪水による浸水の被害状況についてもよく分かる資料である。
  • 郷土史の発行により、郷土の歴史を知り、郷土愛を醸成するための一助となることは、その土地で暮らす住民の身近な日々の生活や文化の継承といった、地域の歴史として大切である。
  • 今後はこの郷土史を様々な機会に活用して、郷土愛が次世代に繋がる活動に期待する。

2

浜松ビーチ活用プロジェクト

(浜松商工会議所青年部)

A

C

B

C

 

  •  台風の直撃に遭い、中止せざるを得なかったのはとても残念である。
  • 実施予定だった事業内容は、「中田島砂丘」の新たな魅力を発信できるものであり評価できる。
  • 予測できない自然の変化にも対応できるような事業計画を練り、再度実施できるよう期待する。
3

新津地区防災マニュアル製作・配布事業

(新津地区自治会連合会)

A

A

A

B

  •  マニュアルは丁寧に製作されており、避難所運営マニュアルについても活動グループを組織し、何町はどこへといった具体的な内容になっている点が評価できる。
  • 地域の防災意識を高めるうえでも有効な手段であるので、マニュアルに基づいた防災訓練を定期的に実施することで、さらなる防災意識を高めてほしい。
  • マニュアルのベースとなる行政情報等は社会情勢や制度変更等により変更されるので、今後、本事業の実施団体において適時適切にマニュアルの改訂を実施されたい。

 

地域力向上事業のページへ▲

南区のページへ▲

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所南区区振興課

〒430-0898 浜松市南区江之島町600-1

電話番号:053-425-1120

ファクス番号:053-425-1695

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?