ここから本文です。

更新日:2018年11月1日

 浜松市天文台/イベント情報

平成30年11月~12月のイベント(開催・申込)

毎月定例の観望会

土曜星空観望会(申込不要)
太陽・昼間の星観望会(申込不要)

11月

11月9日(金曜日):親子天文教室~秋~
11月11日(日曜日):星空写真講座~秋~
11月17日(土曜日):ミニ講座(申込不要)
11月18日(日曜日):望遠鏡講座(要申込)

12月

12月8日(土曜日)、9日(日曜日):天文台まつり
12月14日(金曜日):ふたご座流星群観望会(申込不要)
12月15日(土曜日):ミニ講座(申込不要)
12月21日(金曜日):クリスマスまちなか観望会
12月22日(土曜日):冬休み延長星空観望会

12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日):年末年始閉庁

 

 

 

土曜星空観望会 ~宇宙へのとびらinはままつ

土曜星空観望会

毎週土曜日の夜は星空観望会を行っています。
天文台の望遠鏡で星を見ませんか。
季節の星座や見ごろの天体をスタッフがご案内します。

毎週土曜日開催
4月~9月19時00分~20時50分
10月~3月18時30分~20時30分
延長観望会始時刻~23時00分 

平成30年11月までの開催日
10月・・・6日、13日、20日、27日
11月・・・10日、17日、24日

対象なたでもお気軽にご参加ください。
場所松市天文台屋上階

加無料、申込や受付不要、時間内入退場自由、直接天文台屋上へ。(雨天中止)

「11月の土曜星空観望会」

◇夏~秋の星座の見ごろです。
・観望会に夏~秋の星座(こと座、わし座、はくちょう座(夏の大三角)、ペガスス座、カシオペアなど)

◇その他の星雲・星団、恒星
・夏~秋の星雲、星団(M57リング星雲、M31アンドロメダ銀河)
など

◇惑星
・水星…観望会では見えません。
・金星…観望会では見えません。
・火星…見えます。
・木星…観望会では見えません。
・土星…観望会では見えません。
・天王星…遅い時間に見えます。(好条件時)
・海王星…見えます。(好条件時)

◇11月の土曜星空観望会の月
・10日:月齢2.5・・・観望会に月がありません。
・17日:月齢9.5・・・観望会中に月があります。
・24日:月齢16.5・・・観望会中に月があります。(満月の1日後)

ページの先頭へ戻る

 

太陽・昼間の星観望会 

専用望遠鏡で撮影した太陽

専用の機材で安全に太陽を観望します。
条件が良ければ太陽の黒点やプロミネンスが見られます。
明るい恒星や惑星など、昼間に見える天体があればご案内します。

毎月第1日曜日14時00分~16時00分

◆太陽・昼間の星例観望会 場所:天文台屋上
・11月4日(日曜日)、12月2日(日曜日)、1月6日(日曜日)

◆太陽・昼間の星張観望会 場所:石人の星公園(遠州灘海浜公園中田島北地区)
・3月17日(日曜日)


対象:どなたでもご参加いただけます。

加無料、申込不要、時間内入退場自由、直接会場へ。(雨天中止)

!双眼鏡や望遠鏡で直接太陽を見るのは危険です。

!天文台では安全に見られるよう、専用の機材を準備しております。

 

 

ページの先頭へ戻る

天文講座「半導体における宇宙放射線の影響ー人工衛星を例に」 (終了しました。)

天文台事業協力者の方を講師に迎え、分かりやすくお話しいただけます。

地球の周りには多くの人工衛星が周っていますが、それら人工衛星は太陽活動をはじめ、いろいろな宇宙環境の影響を受けています。その中でも宇宙放射線に注目して、宇宙放射線が人工衛星内で使われている半導体にどのような影響を与え、その影響に対しどのような対策をしているのか紹介します。

内容

  1. 宇宙環境が人工衛星に与える影響
  2. 宇宙放射線の種類
  3. 宇宙放射線の半導体素子への影響概要
  4. 電子回路の基本構成
  5. 宇宙放射線による半導体素子の誤動作と人工衛星への影響
  6. 対策

日時:10月27日(土曜日)16時30分~18時00分(終了しました。)

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)

対象:一般

※参加無料
※雨天実施
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<天文講座は事前に申し込みが必要です>
10月6日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、40名程度)

 

ページの先頭へ戻る

親子天文教室「秋の星空を楽しもう」 

季節の星座や宇宙についてのお話と、望遠鏡による観望がセットになった小学生親子向け天文教室
講座1時間、観望1時間程度を予定しています。

日時
11月9日(金曜日)18時00分~20時00分

場所
講座:五島協働センター2F講座室(天文台階下)
観望:天文台屋上

対象:小学生とその保護者

※雨天時は、講座と天文台見学
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<親子天文教室は、事前に申し込みが必要です>
10月20日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、定員40名)

ページの先頭へ戻る

天文ミニ講座 季節の星座(申込不要) 

季節の星座の探し方や、星座の物語など、星空観望のためのお話。(1時間程度)
そのまま土曜星空観望会に参加できる時間設定です。観望会の予習にも。

日時(シーズン2回実施。2回の内容はほぼ同じです)
・秋編第2回:11月17日(土曜日)17時00分~18時00分(観望会は18時30分から)

・冬編第1回:12月15日(土曜日)17時00分~18時00分(観望会は18時30分から)
・冬編第2回:2月2日(土曜日)17時00分~18時00分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)

対象:どなたでも(一般向けですが、お子様も参加できます。)

※参加無料、雨天実施
※開始時刻までに直接会場にお集まりください。
※座席に限りがあります。

ページの先頭へ戻る

 

四季の星空写真講座(要申込) 

カメラで星の入った写真を撮影するための講座と実技。
(望遠鏡で特定の天体を撮影する講座ではありません。)
・カメラの基礎や撮影の方法(屋内:1時間程度)
・屋上での撮影実習(屋外:参加者貸切)

日時:
【秋編】
11月11日(日曜日)18時00分~20時00分(定員に達しました。)

【冬編】2月17日(日曜日)18時00分~20時00分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)および天文台屋上階

対象:どなたでも

※参加無料
※雨天実施(講座と室内での実習)
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。

<星空写真教室は事前に申し込みが必要です>
【秋編】10月20日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、10名程度)(定員に達しました。)

【冬編】1月19日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、10名程度)

参加者持ち物
・レンズ交換式デジタルカメラ(一眼レフ、ミラーレス)
・交換レンズ(広角:35mm版換算で焦点距離28mm前後を含むズームもしくは単焦点レンズ。フード付きが望ましい)
・持参カメラの取り扱い説明書
・三脚(お貸しできますが、数に限りがあります。できるだけご持参ください。)
・ケーブルレリーズ(リモートコードやリモコン)
・ヘッドライトや懐中電灯等

※バッテリーやメモリカードを事前に確認し、すぐに撮影できる状態でお越しください。
※夜間に屋外での実技があります。気温に合わせた服装でお越しください。

 

ページの先頭へ戻る

望遠鏡講座(要申込) 

望遠鏡のしくみや使い方についての講座と実技。以下のような方に。
・望遠鏡に関心がある。
・望遠鏡の購入を検討している。
・望遠鏡を持っているが使い方が分からない。

日時:11月18日(日曜日)18時00分~20時00分

場所:五島協働センター講座室(天文台階下)および天文台屋上階

対象:どなたでも

※参加無料
※個人望遠鏡の持参可
※雨天実施(講座と室内での実習)
※会場前に受付があります。開始時刻までにお越しください。
※屋上での実技を予定しております。夜間ですので気温に合わせた服装でお越しください。

<望遠鏡講座は事前に申し込みが必要です>
10月27日(土曜日)14時から、お電話で天文台まで(申込順、10名程度)

※望遠鏡講座は季節ごと年4回実施します。各回の内容は概ね同じです。

 

 ページの先頭へ戻る

ふたご座流星群観望会 

今年のふたご座流星群は12月14日21時頃に極大を迎えると予想されています。housyatenn

今年は、12月15日が上弦です。出現する流星の数が多くなると考えられる14日頃を含む数日間は、月は夜半頃に沈みます。
月がまだ出ている間は月明かりの影響で暗い流星が見えませんが、月が沈んだ後は月明かりの影響のない、よい条件で流星を観察することができます。

ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から流星が出現し始めるため、お子さんをはじめ多くの方々にとって観察しやすい流星群です。

流星群は、暗い場所ならどこでも見ることができます。
天文台で見る良さは、公共施設ですので安心。トイレ完備。エレベーターもついていますので、どなたでも御利用いただけます。
みんなで天文台屋上で流星群を観察しましょう。

日時:12月14日(金曜日)午後6時00分~午後12時00分

場所:天文台

対象:どなたでも

※参加費無料
※駐車場40台

 

 

ページの先頭へ戻る

天文台まつり maturi-image

天文・宇宙に関するスタッフによる手作りのイベントです。写真や資料の展示、天文に関する工作、特別観望会など天文台を楽しむイベントが盛りだくさんです。

申込不要、参加無料で、どなたでも楽しむことができます。参加希望の方は、好きな時刻に直接会場へどうぞ。
※日中は公共交通機関で来館してください。夜間は観望のみのため、駐車スペースがあります。

◎イベント
・写真や資料の展示
・天文に関する工作
・まつり期間中の特別観望会

<特別観望会の日程>
8日(土曜日)14時00分~16時00分/太陽・昼間の星観望会
8日(土曜日)18時30分~20時30分/天文台まつり観望会
9日(日曜日)12時00分~14時00分/太陽・昼間の星観望会
9日(日曜日)18時30分~20時30分/天文台まつり日曜観望会

 

 ページの先頭へ戻る

 

クリスマス街中観望会 

街中に望遠鏡を持ち込んでの観望会中心市街地に望遠鏡を並べての観望会です。市街地から見える冬の天体はどんなものが見えるのでしょう。
申込不要、どなたでも参加できますので、参加希望の方は直接会場へどうぞ。

日時
12月21日(金曜日)18時30分~20時30分

場所
遠鉄百貨店北側歩道

 

 

 

 

 

 ページの先頭へ戻る

 

 

 

浜松市天文台マーク


 

年間イベント一覧

交通案内

施設案内


よくある質問

ゆめいっぱい小学生宇宙絵画展


浜松市天文台公式facebookページ(別ウィンドウが開きます)

 

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市天文台
〒430-0836浜松市南区福島町242-1
Tel:053-425-9158・Fax:053-427-1011
E-Mail:hao@city.hamamatsu.shizuoka.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?