ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

第6章 全体計画(4)

6-4 歴史と伝統文化の継承と活用

(1)文化財や祭り、伝統行事などの継承

農村地域には、各種の文化財や伝統技術、祭り・伝統行事などが多く、地域の信仰や精神的なつながりの中で継承されています。地域に根付いた文化は、人と人とのつながりを創り出すとともに、風土を形成する一要素でもあり、地域への愛着を育みます。しかし、都市化の進展や中山間地での過疎化に伴い、保存していくための担い手が減少する傾向にあります。
歴史と文化を次世代に継承するためには、文化財や伝統文化の価値や魅力を再評価して、市内外に積極的に情報発信していくことや、その地域に住む住民、特に次代の担い手である子どもたちが多様な文化を体験する機会を創出していくことが必要です。
そのため、文化財や伝統文化の継承を支える場、機会の創出等に努め、歴史と伝統文化の次代への継承を推進していきます。

遠州大念仏
遠州大念仏

懐山のおくない
懐山のおくない

西浦の田楽
西浦の田楽

川名のひよんどり
川名のひよんどり

本市の伝統芸能

(2)新たな地域資源の発掘と活用

本市では、山から海までの多様な自然環境のもとに人々の営みが積み重ねられ、山・海・街道・まちの特色ある暮らしが展開されています。農村地域では、固有の伝統食や郷土料理も多く伝えられています。
近年、食の安全や健全な食生活に対して消費者の関心が高まり、地産池消や食育に関心が集まっていますが、多様な生産環境で生産される本市の農産物は、安全性、新鮮さなどで優位にありながら、それを上手く活かしきれていない面があります。
そこでわたしたちは、地域の資源を自ら再発見する取組を行うとともに、地域資源を最大限に活用した都市との交流をはじめ6次産業化の取組を推進します。特に、農村環境の自然や歴史・食文化を軸として、それらを体験するイベントや周遊コースの創設など観光資源としての積極的な活用を推進します。また、農業体験や自然とのふれあい、食育などを通じて、農地の持つ多面的機能への理解を深めます。そのためには、グリーン・ツーリズム、農山村での子どもたちの長期宿泊体験等の活動が考えられます。

【遠州道中膝栗毛】
遠州地域にある自然・歴史・食・文化・レジャーなどの見どころ・遊びどころ・体験どころを手頃な価格で、気軽に・のんびりショートトリップしていくツアーです。ツアーには、ガーベラの花摘み体験、養蜂家訪問、三ヶ日みかん狩りなど、様々なメニューが用意されており、季節で変わる地域資源の良さを体験できる工夫が見られます。

遠州道中膝栗毛ツアーの内容
遠州道中膝栗毛ツアーの内容

 

 

←前へ

次へ→

目次

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2333

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?