ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 浜松市の農林水産業 > 浜松市のグリーンツーリズム > はままつ里山たいけん帖活動報告(平成28年6月開催分)

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

 はままつ里山たいけん帖活動報告(平成28年6月開催分)

 平成28年度はままつ里山たいけん帖プログラムの活動報告について随時掲載します。

 西浦田楽を学ぼう

平成28年6月25日(土曜日)
天竜区水窪町(西浦 田楽の里)
参加者数36名
[主催:西浦 田楽の里]

西浦田楽0

 水窪町に古くから伝わる西浦田楽について、先祖代々祭りを引き継いでいる能衆と呼ばれる地元の方に語ってもらいました。また、能衆は身を清めるため、精進料理を食べて祭りに備えます。その精進料理を参加者で作って、昔ながらの食器と箱膳でいただきました。

西浦田楽1
地元の方に指導してもらいながら、精進料理を作っていきます。

西浦田楽2
完成した精進料理を昔ながらの食器と箱膳に盛り付けます。肉や魚を使わなくても豪華なお膳になりましたね。

西浦田楽3
西浦区民交流の場管理組合の方から、昔から伝わる伝統的な精進料理についての説明がありました。

西浦田楽4
地元の野菜をふんだんに使った精進料理に舌鼓。奥様から誘われて参加したスロバキア出身のご主人もおいしいと大満足。

西浦田楽5
おいしい精進料理を食べた後は、能衆による西浦田楽の講話を楽しみます。今まで同じ能衆でも聞いたことがない話が盛りだくさん。

西浦田楽6
一つひとつの舞や服装に込められた意味に、みなさん興味しんしんです。ぜひ本番も参加してみたいですね。

 

 笑顔畑の山ちゃんファーム田植え祭in春野

平成28年6月11日(土曜日)
天竜区春野町(山ちゃんファーム水田)
参加者数17名
[主催:山下光之(笑顔の畑の山ちゃんファーム)]

山ちゃんファーム7

 茶どころの春野町の茶摘みの季節が終わり、梅雨に入った6月に「山ちゃんファーム」では田植えの開始時期になります。当日は30度近い温度と高い湿気で、立っているだけでも汗が出てくる天候でした。
 当日は多くの家族連れの方にご参加いただき、田植え体験や山ちゃんファームで採れたコメを使った昼食。キュウリやトマト狩りを行い、体験に参加された方々は喜んでいました。「山ちゃん」こと山下さんは、「食べれることの幸せを願いつつ、食べ物・農家・料理を作る人への感謝の気持ちを忘れないで欲しい」と参加された子供達へ伝えていました。田植えを開始するときは、山ちゃんから「この稲大きくなあれと、心で唱えながら田植えをすると、とてもおいしいお米ができるよ。」と皆さんにアドバイスをされていました。田植えをモクモクとおこなっている子から、オタマジャクシやカエル、オケラを採っている子など、いろいろな子がいましたが、みんな笑顔で、顔に泥をつけ大人も子供も楽しそうにおこなっていました。

山ちゃんファーム1
山ちゃんから、田植えに入る前の注意事項の説明と、全体のスケジュール説明がありました。

山ちゃんファーム2
皆さん一斉に田植えスタートです。横一列に並び、横に張られたロープを目印に田植えを行います。

山ちゃんファーム3
子供から大人まで泥につかり、一生懸命田植え体験をおこないました。

山ちゃんファーム4
田植え終了後の泥んこ遊びの様子です。泥んこになるのに遠慮をしていたお父さんも泥まみれです。

山ちゃんファーム5
泥遊び最中の「山ちゃん杯泥んこレース」の様子です。足をぬかるみにとられながら走りました。

山ちゃんファーム6
山ちゃんの田んぼで採れたお米を使い、おにぎりを作り食べました。お漬物のキュウリはハート型でした。

 

 舞阪漁港の見学と地元水産物を味わうお料理

平成28年6月9日(木曜日)
西区舞阪町(地方卸売市場舞阪魚市場)
参加者数27名
[主催:浜名っ娘クラブ、農業水産課水産業振興グループ]

舞阪漁港の見学1

 地方卸売市場舞阪魚市場に水揚げされる魚介を知ってもらうことで、地元の魚をたくさん食べてもらいたいと企画されました。水産業振興グループの齋藤主任の案内で漁港内を見学します。アサリを獲る船、ふぐを獲る船、2艘曳きのシラス船など、浜名湖内から遠州灘を漁場とする大小の船がたくさん停泊しています。それぞれの漁期・漁法まで詳しく説明があり、楽しく学ぶことができました。牡蠣の種付けの話はとても興味深かったです。舞阪協働センターに戻ると、浜名っ娘クラブのみなさんが、地物の魚介を使って料理を用意していてくれました。シラスごはん、青海苔の清汁、シラスの天ぷら、シラスコロッケ、うなぎと葱の串焼き、ツメタ貝の佃煮、アサリの酒蒸し、茹イカの酢味噌かけ、青海苔の寒天寄せ等のご馳走が卓上に並びます。
 今回の企画では、子どもや若者の魚離れを止めたいとのメッセージを込めて、7月、8月にも開催されます。親子で一緒に地元の水産物を学んで味わってみませんか。

舞阪漁港の見学2
浜名っ娘クラブの皆さんは、漁師さんの奥様です。地元の魚介を知ってもらいたいと準備してくれました。

舞阪漁港の見学3
水揚げされた魚を、活魚で流通させるため、活かしておくための水槽です。水底のヒラメが見えますか。

舞阪漁港の見学4
シラス2艘曳き網漁法で知られる舞阪漁港には、同じ船名の大型船が2艘づつ並ぶ姿は特徴的です。

舞阪漁港の見学5
浜名っ娘クラブの天野です。地元の素材を集めたのでご賞味ください。シラスごはんはおかわりできます。

舞阪漁港の見学6
地元食材に舌鼓。青のりのデザートまで用意していただき感激です。

舞阪漁港の見学7
鰻とツメタ貝の佃煮。ツメタ貝って美味しいね。購入はできるの?商品化されているの?上々の評価です。

 

 万葉の花を楽しむ講座(椿の挿し木と植え替え)

平成28年6月5日(日曜日)
万葉の森公園内(浜北区平口)
参加者数11名
[主催:万葉の森公園]

万葉の花を楽しむ1

 万葉集の読まれた時代から親しまれた草花や花木の魅力を再発見していただくための講座として、椿の挿し木と植え替えの体験を行いました。今季の挿し木は「香紫(こうし)、盃葉椿(さかずきばつばき)、紅唐子(べにからこ)」の3種類の椿です。約200種類の椿園を管理する万葉の森公園は、毎年異なる品種の挿し木を用意して来園者を楽しませてくれます。当日は10名の参加でしたが、リピーターが多いこともうなずけます。
 万葉の森公園の職員から、きれいに植え付けるコツや、水分の蒸発を少なくするための葉の切り方などのアドバイスがあり、参加者の方は真剣に耳を傾けていました。椿の挿し木と植え替えが終わると、それぞれの個性が表れた作品の出来栄えに満足そうでした。

万葉の花を楽しむ2
挿し木用の鉢に少量の藁と赤玉土を入れます。

万葉の花を楽しむ3
挿し木用の椿の葉を剪定します。梅雨の頃は挿し木に適した時期です。

万葉の花を楽しむ4
椿を鉢に挿していきます。きれいに植えるのは意外と難しそうです。

万葉の花を楽しむ5
挿し木用の枝の剪定にもポイントが…。ここで切るの?もうちょっと上で切った方がいいョ!

万葉の花を楽しむ6
職員より、伸びすぎた枝の剪定アドバイスがあり真剣に聞き入ります。植え替え時の鉢の大きさも大切だよ。大き過ぎると花芽が付かないからね!

万葉の花を楽しむ7
最後にみんなで記念撮影。みなさん満足そうです。園内には和テイストの可憐な草花がひっそりと咲いています。是非ご来園下さい。

 

 語りべと歩く直虎ゆかりの地めぐりハイキング

平成28年6月1日(水曜日)
北区細江町他(直虎ゆかりの地)
参加者数13名
[主催:国民宿舎奥浜名湖]

直虎ゆかりの地1

 直虎ゆかりの地を巡るツアーは、新海さんのガイドと国民宿舎奥浜名湖のスタッフの方々が企画した魅力満載の内容でした。
 龍潭寺は四季をとおして咲き揃う花々と、小堀遠州作の庭園を有する寺院です。NHK大河ドラマ「女城主直虎」の放映が決まったことにより、井伊氏歴代を祀る遠州の古刹として、平日にも関わらず多くの拝観者で賑わっています。
 井伊家の墓所では、直親の墓石の左右に直虎と直親の妻の墓石が並んでいることに複雑な感情がわきました。団体ツアーでは巡ることのできないゆかりの地をたくさん案内していただき、とても有意義なツアーでした。今回参加された皆さまが、次回はご自身がガイドとしてご案内いただければ、大河ドラマもより興味深くご覧いただけるものと思います。昼食は、第8代将軍吉宗公の生母が、気賀宿にて食したとされる「気賀夕」を、現代風に再現したものを国民宿舎奥浜名湖で味わいました。白米の他7品の料理の品々は、お刺身をなますに加工するなどの工夫が凝らされていました。

直虎ゆかりの地2
初代共保公が生まれたと伝わる井戸に向かいます。井伊家の「井」は井戸の井です。

直虎ゆかりの地3
樹齢400年とも言われる御神木の前には仁王門があり、ここから見える本殿は威風堂々としています。

直虎ゆかりの地4
浜名湖を摸した補陀落の庭。お釈迦様がこの木の下で亡くなったと伝わる沙羅双樹が開花していました。

直虎ゆかりの地5
井伊谷宮は後醍醐天皇の第4皇子の宗良親王を祀る神社です。

直虎ゆかりの地6
渭伊神社の本殿背後に点在する巨石は、古墳時代の巨石祭祀の遺跡・天白磐座遺跡。

直虎ゆかりの地7
井伊谷城は井伊谷を一望できる丘陵に築いたとされる井伊氏の居城。本丸跡で記念写真。

 

 

←「はままつのグリーンツーリズム」トップページに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2334

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?