ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

西区湖東町・有機野菜農家 髙嶋理代さん

髙嶋0

お客さまに喜んでいただけるだけのいいものを作って、はじめて農業経営。
お客さまの声をしっかり把握できるように。

Q.「どんな農産物を作っていますか?」
A.「さといも、しょうが、人参、カブ、小松菜、水菜、ブロッコリーなどを少量多品目で有機栽培しています。」

Q.「就農したきっかけ(動機)を教えてください」
A.「小さなころから自然が大好きで、自然の中で仕事がしたいと思っていました。高校卒業後、静岡県立農林大学校で農業を学びましたが、非農家出身でしたので学ぶことはどれも新鮮で、楽しかったです。学校では農業法人への就職体験などもしましたが、有機農業に関心があったことや、自分で経営をしたいという想いが強かったことから、畑を借りて農業を始めました。 私にとって転機になったのは、浜松市で有機農業に取り組んでおられる羽田農園さんに出会ったことです。羽田さんの農園とお人柄に惚れ込み、農業研修も受けさせていただいてこうして就農することができました。今でも週に1度農園に通っていろいろと教えていただいています。」
Q.「農業の魅力ややりがいを感じるところはどんなところですか?」
A.「“達成感”の連続が私にとってのやりがいじゃないかと思います。毎日、その日その日の小さな目標を立てるんです、例えば『今日はキャベツの苗を200本植えるぞ!』なんていうふうに。もちろんやりきれない時もありますが、やり遂げた時の達成感は最高に気持ちがいい。また、そんな毎日の積み重ねで、最終的に自分の満足のいくものが収穫できた時の嬉しい気持ちは、本当に他に代えがたいものです。それから、農作業のときはいつも手袋をせず素手で作業しています。師匠の羽田さんがそうなので倣っていることもあるのですが、土に直接触れているのはとても気持ちがいいです。」

髙嶋1 髙嶋2 髙嶋3

Q.「反対に、苦労した又は苦労しているところはどんなところですか?」
A.「とにかく雑草の処理には手間がかかっています。他にもたくさんの作業がある中で、きれいな圃場を維持できるように日々がんばっています。私の場合は植物性の堆肥のみを使っているのですが、なかなか手に入らないものなので山でススキを刈りにいくなど自分で調達していて、その部分もすごく大変ですね。また、年間を通して有機野菜BOXの個別宅配をしているのですが、自分なりにとてもプレッシャーを感じながらやっています。その時採れた旬の野菜を詰めてお届けするのですが、お客様と顔を合わせてお届けできる分、良い点も悪い点もダイレクトにお声をいただくので、収穫物の出来や詰める野菜の選択など毎回かなり神経を使いながらやらせてもらっています。」

Q.「ズバリ、髙嶋さんにとって農業とは?」
A.「“仕事”ですね。自然や農業が好きですが、自分の好きなものを作っているだけでは生計が成り立ちません。お客様に喜んでいただけるだけの良いものを作って、それを買っていただけて、はじめて農業経営になります。お客様の欲しがっているものや、どんなものが良かったか、などをしっかりと把握できるように努力しているつもりです。」

Q.「最後に、作られている農産物のPRを!」
A.「地主さんからお借りしている畑は60年間無農薬の畑です。土づくりもしっかりとしているので、ここでできる野菜はとてもおいしいです。たくさんの種類の有機野菜があるのでぜひ味わってみてください!」

髙嶋4 髙嶋5 髙嶋20

(平成27年10月取材)

環境保全型農業

髙嶋10 農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和に留意しつつ、土づくり等を通じて、化学肥料、農薬の使用等による環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業。

 

 ←フェイスブック連載「新規就農者インタビュー」へ戻る

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2333

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?