ホーム > 産業・ビジネス > 産業振興 > 浜松市の農林水産業 > はままつの農林水産業 新着ニュース(5)

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

はままつの農林水産業 新着ニュース(5)

はままつの農林水産業に関わるニュースを随時掲載します。

『浜松市立三ヶ日図書館』で新規就農者インタビューパネル展を実施しました

 平成28年4月1日から27日までの約1か月間、新規就農者インタビューパネル展を『浜松市立三ヶ日図書館』で実施いたしました。
 こちらのパネル展では、冊子「新規就農者インタビュー -次代の浜松農業を担う-」からエッセンスを抜粋した12枚の大型パネルを展示するほか、農業に関連する色々な冊子をお配りいたしました。また、三ヶ日図書館で貸し出している農業関連の様々な図書を集めて設置するなど、浜松の農業がぎゅっと詰まった催しとなりました。
 会場でのアンケートでは、「農業に従事する人が少なくなる中、市内で頑張っている方を知ることができた」「人間にとって最も大切な部分を担う仕事だから頑張ってほしい」「こうして自然の中ではつらつと働く若者が増えることを期待する」など、温かいメッセージもたくさんいただきました。

 なお、こちらのパネル展は、来月6月にも北区細江町「田園空間博物館総合案内所」で開催する予定です。ぜひご来場ください。

三ヶ日図書館の様子1

三ヶ日図書館の様子2

mikkabit

三ヶ日図書館の様子4

北浜東小学校での木育講座の様子をご紹介します

木育講座1

木育講座2

木育講座3

 浜松市では、環境に配慮された地元の天竜材(FSC認証材)使用の啓発のため、FSC製品の学童机と椅子を市内の小学校にモデル的に導入するとともに、児童たち向けに「木育講座」を開いています。今回は新しい机・椅子となった浜北区・北浜東小学校1年生の講座の様子を取材しました。

 森と木のことを教えてくれる先生は、天竜森林組合の職員・松下さんと、浜松市林業振興課の藤江主任です。
森の大切なはたらきや、浜松の森林・林業のコトをクイズ形式でひとつひとつ紹介するほか、「サンちゃんと森の妖精」という絵本では、違法伐採の現状や、適切に管理された森の木を使うことの大切さを説明しました。

 『木は酸素を出してくれてるんだよね。』『森って山をくずれないようにしてくれてるんだ。』『それじゃあ動物の居場所がなくなっちゃうの?』『えー、このマークそういうマークなのー。』などなど、元気いっぱいに講座を受けてくれた児童のみんなは、新しく気づいてくれたこともたくさんあったようです。

 2人の先生からは最後に、「今から30年後の社会を支えているのはここにいるみんなです。環境のこと、森や木のことをしっかりと知って、正しい選択ができるようになって欲しい。」という話がありました。

 6年間の学校生活の中でFSC認証材の机と椅子を大切に使ってもらいながら、地域のこと、環境のことを知ってもらうきっかけになればいいですね。

※浜松市ホームページ「はままつのFSC森林認証

木育講座4

木育講座5

木育講座6

“天竜の森×デザインプロジェクト”パンフレット製作が決定しました

 専門学校「浜松デザインカレッジ」グラフィックデザイン科と浜松市のコラボレーション企画“天竜の森×デザインプロジェクト”では、学生さんたちに、山のことや環境のこと、林業のことを現場で学んでいただきながら、環境にやさしい『浜松産木質ペレット』の普及啓発のため、子ども向けの絵本や企業向けの冊子などを企画していただきました。

 こちらのプロジェクトでは、10チームに分かれて学校での授業やプレゼンテーションなどに取り組んできてもらいましたが、このたび、伊藤さん・小池さん・只野さんによるB-3チームのデザイン案が採用され、浜松市のパンフレットとして発行されることになりました。
 内容は、新たに家を建てようと考える人に木質ペレットストーブの魅力を伝え、購入を検討していただくもので、他のチームの皆さんの良いアイデアも取り入れながら、最終的な形にまとめて発行が予定されています。半年をかけて、浜松デザインカレッジの学生さんたちが練り上げた素敵な冊子です。完成が楽しみですね。発行の際には、こちら新着ニュースでもお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

※ホームページはこちら→「天竜の森×デザインプロジェクト

パンフレット制作決定

フラワーバレンタイン販売キャンペーンを実施しました

 平成28年2月9日・10日・12日の3日間、市役所1階でフラワーバレンタイン販売キャンペーンを実施しました!

 こちらの“フラワーバレンタイン”について、改めてご紹介させていただきますね。
 日本では、「女性から男性へチョコレートを贈る」ことが一般的になっている2月14日のバレンタインデーですが、世界では「性別を問わず愛や感謝を伝えあう日」とされています。世界の多くの国で、男性から女性に感謝の気持ちを込めて花が贈られていますが、日本でもこの「フラワーバレンタイン」が年々定着してきました。

 今年で3年目を迎えるこちらの市役所でのキャンペーンでは、農業分野において都市間連携をしている新潟市と協力し、「新潟市のチューリップ」も登場しました。またさらに、同じく市役所1階フロアで開催している「新規就農者インタビューパネル展」とも連携し、新規就農者の一人である花農家・藤谷龍太さんが生産されたかわいいスイートピーをチューリップに添えて頂きました。

 大切な人へ感謝の気持ちを込めて花を贈る。これからも「フラワーバレンタイン」しましょう!

※ホームページ「フラワーバレンタイン(別ウィンドウが開きます)

H27フラワーバレンタイン1

H27フラワーバレンタイン2

H27フラワーバレンタイン3

H27フラワーバレンタイン4

「浜松市新規就農者インタビュー」パネル展実施中!(浜松市役所1Fフロア)

 浜松市農業水産課が先月発行いたしました『浜松市新規就農者インタビュー 次代の浜松農業を担う』パネル展を、2月8日(月曜日)から12日(金曜日)の1週間、浜松市役所1階フロアで開催中です!
 市内の就農者12名を紹介した本冊子から、写真やインタビューのエッセンスを抜粋した12枚の大型パネルが、広い市役所1階のフロアに今週いっぱい並んでいます。

 また、展示会場では浜松の農業に関連する色々な冊子をお配りしているほか、来場者のみなさまからアンケート形式で新規就農者へ向けたメッセージもいただいています。メッセージは直接ご本人たちにお届けいたしますので、がんばる農業者へのメッセージをぜひご記入ください!


「新規就農者インタビュー」パネル展
 期間:平成28年2月8日(月曜日)から2月12日(金曜日)
 場所:浜松市役所 本庁1階フロア

【冊子の配布場所】
浜松市役所6F農業水産課、各区役所の区振興課、天竜区内4協働センター(春野・龍山・水窪・佐久間)

※ホームページはこちら→「浜松市新規就農者インタビュー

新規就農者インタビューパネル展2

新規就農者インタビューパネル展3

新規就農者インタビューパネル展1

「浜松市新規就農者インタビュー」が冊子になりました

 浜松市フェイスブック「いいら!」にて、2014年度から定期的に配信していた『浜松市新規就農者インタビュー』が、このたび冊子となりました!

 年間を通して、さまざまな農産物が生産される浜松市は、全国でもトップレベルの農業産出額を誇る農業先進地域です。また、新たに農業にチャレンジする就農者の多さも、浜松市は非常に多いのが特徴です。こちらの冊子は、浜松市内で新たに農業にチャレンジし、現在活躍する若い農業者を直接訪れ取材を行ったもので、合計12名の方をご紹介しています。取材させていただいたみなさんは、出身地や就農に至るキャリア、現在の環境などいずれも異なり、考え方も様々です。一方で、共通したポイントも、Q&Aを通してなんとなく感じていただけるのではないかと思います。

 なお、当冊子の発行にあわせ、2月8日(月曜日)~12日(金曜日)の1週間、市役所本庁1階フロアでは、同冊子に掲載している写真及びインタビュー内容のパネル展示を行います。記期間中には、今年も「フラワーバレンタインPRキャンペーン」の実施を予定しており、新規就農者とのちょっとしたコラボレーションも検討中ですので、ぜひご注目ください。


【冊子の配布場所】
浜松市役所6F農業水産課、各区役所の区振興課、天竜区内4協働センター(春野・龍山・水窪・佐久間)

※HP「浜松市新規就農者インタビュー」でもPDFデータを掲載しています

新規就農者インタビュー冊子

「Japan Home & Building Show 2015」で浜松市ブースを出展しました

 平成27年11月18日(水曜日)から20日(金曜日)、東京ビッグサイトで「Japan Home & Building Show 2015」が開催され、その中で、浜松市ブースを出展しました。

 「Japan Home & Building Show 」は、日本最大の住宅・建築関連専門展示会です。今年の開催では、3日間で約3万3千人が来場しました。
 浜松市ブースでは、『天竜の森は、FSC認証林。』をテーマに、天竜材(FSC認証材)の丸太や製材品(ラミナ材)、静岡県草薙総合運動場このはなアリーナの模型を展示するとともに、画像で天竜美林を紹介しました。

 また、ブースにお越しいただいた方に、今年度製作した「浜松マグネット」を無料配布することなどで天竜材のプロモーションを行い、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連施設での天竜材使用や天竜材(FSC認証材)の販路拡大を目指したPRを行いました。

 浜松市では、引き続き、天竜材の販路拡大に向けた取組を進めていきます。


「ジャパンホームショー2015」の概要
 日時:平成27年11月18日(水曜日)~20日(金曜日)
 場所:東京ビックサイト(有明・東京国際展示場)

ジャパンホームショーの様子1

ジャパンホームショー3

ジャパンホームショーの様子2 ジャパンホームショーの様子3 ジャパンホームショーの様子4

浜松信用金庫於呂支店でFSCのPR展示実施中!

はましん於呂支店展示1

はましん於呂支店展示2

 昨年10月に新店舗が完成した浜松信用金庫於呂支店は、金融機関の建築物として全国で初めて「FSCの店舗」と認められました。
 今回、この取組を紹介するとともに、地元天竜材(FSC認証材)やFSC森林認証等をPRする展示を2月5日(金曜日)まで開催しています。
 会場には、天竜材やFSC森林認証のPRパネルをはじめ、実際の柱・桁(FSC認証材)や子どもさんが遊べる木製ジャングルジムも設置されています。
 また、1月26日(火曜日)には、店舗の建設に関わった地元工務店(三立木材(株))による「住宅相談会」が開催されます。
みなさん、ぜひお越しください。

【展示期間】
 平成28年1月12日(月曜日)~2月5日(金曜日)
 午前9時から午後5時

 

全国の金融機関では初の「FSCの店舗」が完成しました

はましん於呂支店

はましん於呂支店2

 平成27年10月19日(月曜日)、「FSCの店舗」として認められた浜松信用金庫於呂支店の新築移転オープニングセレモニーが行われました。本店舗は、「FSCプロジェクト認証制度(※)」を活用し、全国の金融機関として初めて「FSCの店舗」と認められた施設で、式典では、審査を行ったアミタ株式会社から浜松信用金庫の御室健一郎理事長にFSC証明書が贈呈されました。

 浜松市の森林は、約4割がFSC認証林と認められており、現在、市町村別認証取得面積は全国1位です(約43千ha)。
 浜松市では、この広大な認証面積や全国屈指のFSC認証材供給能力を基に、現在、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの天竜材(FSC認証材)使用を目指しており、本店舗が「FSCの店舗」と認められたことは、この取組の大きな追い風となるでしょう。

FSCプロジェクト認証制度とは(アミタ株式会社)(別ウィンドウが開きます)

はましん於呂支店3
はましん御室理事長のあいさつ

はましん於呂支店4
FSC認証贈呈式

はましん於呂支店5
店舗内の様子

ミラノ万博・日本館で浜松市のPRを実施しました!

現在、イタリアで開催中のミラノ万博・日本館で、浜松市のPRを実施しました!こちらは、山梨・静岡の両県をPRする「静岡・山梨ウィーク」の最終日に行ったものです。

日本館2階に設けられた「試食・展示スペース」では、日本酒、うなぎいものニョッキや浜名湖のりのだし茶漬け、三ヶ日みかんのみかんジュース、天竜茶のほか、天竜材を使ったフルートグラスなどが並び、来場者のみなさまから大変好評をいただいていました。

また、イベントステージでは、“ふじのくに食の都づくり仕事人”の一木敏哉さんが、ミカンジュースで炊いたお米、浜名湖のり、抹茶を使い、切り口を『出世大名家康くん』の顔にした太巻き寿司づくりを実演され、浜松ならではの食材を使ったユニークなアイデアと職人の技に、たくさんの歓声をいただきました。
会場には浜松から遠征した家康くんも登場し、写真撮影などにひっぱりだこ。「Kawaii!」と子どもから大人まで大喜びで駆け寄り、家康くんとのコミュニケーションを楽しんでいました。

日本館は連日2時間~3時間待ちの大行列で、大変人気が高いそうです。浜松市のPRを行った今回の事業も、とても賑やかなイベントとなり、海外の多くの方々に浜松の魅力をお伝えできたのではないかと思います。

ミラノの様子1

ミラノの様子2

ミラノの様子3 ミラノの様子4 ミラノの様子5
ミラノの様子6 ミラノの様子7 ミラノの様子8

 

1ページ / 2ページ / 3ページ / 4ページ / 5ページ / 6ページ / 7ページ8ページ / 9ページ / 10ページ / 11ページ / 12ページ

 

 

←「はままつの農林水産業」トップページに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所産業部農業水産課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2333

ファクス番号:053-457-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?