緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > 「女城主 井伊直虎」ゆかりの地 浜松 > 直虎物語 > 井の国から直虎物語≪第一話≫龍潭寺(りょうたんじ)
  • 浜松だいすきネット(別ウィンドウが開きます)
  • イベント情報

ここから本文です。

更新日:2016年7月4日

女城主 井伊直虎 ゆかりの地浜松

井の国から直虎物語≪第一話≫龍潭寺(りょうたんじ)

悠久なる「井の国」の歴史とともに、井伊家に寄り添い見守り続けた菩提寺(ぼだいじ)

龍潭寺と井伊家

龍潭寺は、平安時代から井伊家の菩提寺であったとされており、井伊直虎が出家し、井伊家跡継ぎの証である「次郎」を冠した「次郎法師」の名を与えられた場所です。寺伝によると、行基(ぎょうき)が天平5(733)年に開山。戦国時代の住職・南渓(なんけい)和尚が、断絶の危機に瀕していた井伊家を再興させるため、直虎を“女領主"に登用し、その活躍を支えました。龍潭寺では、井伊家歴代の墓やゆかりの品々をはじめ、江戸初期に小堀遠州が手がけた国指定名勝「龍潭寺庭園(池泉観賞式庭園)」など、貴重な文化財があり、井伊家を知るうえで欠かすことができない名刹です。

龍潭寺は、井伊家の菩提寺であり、直虎が出家後、修行や勉強をして多くの月日を過ごした場所でもあります。還俗※1(げんぞく)後も龍潭寺内の庵(いおり)※2で暮らしていたとされています。戦国の動乱の中、その聡明さでさまざまな危機を乗り越えた直虎。そんな素晴らしい女性がこの井伊谷にいたのです。龍潭寺には深い歴史や美しい庭などもあり、以前から多くの人に親しまれてきた寺ですが、これを機に、もっと多くの人に知っていただきたいです。

写真:龍潭寺(りょうたんじ)

龍潭寺住職 武藤宗甫(むとうそうほ)さん

昨年夏、大河ドラマの決定を知りとても驚いたという武藤さん。龍潭寺への参拝者が増える中、直虎を多くの人に知ってもらうための資料を作ったり、さまざまな取材に応じたりと多忙ですが、今回は直虎と龍潭寺について丁寧にお話をしてくれました。

写真:龍潭寺住職 武藤宗甫(むとうそうほ)さん

 

※1 還俗…出家した人が、再び俗人にかえること
※2 庵…質素な小屋

 

龍潭寺 【電話番号:053-542-0480】

浜松市北区引佐町井伊谷1989
時間:午前9時~午後4時30分
休:8月15日、12月22日~27日
料金:大人500円、小中学生200円

(広報はままつ2016年6月号)

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028