ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

田畑政治 経歴

1898年(明治31年)

浜松市中区成子町に生まれる

南尋常小学校から浜松中学校(現在の浜松北高)、第一高等学校(旧制)、

東京帝大(現在の東京大学法学部政治学科)に進む

1916年(大正5年)

周辺の水泳部を統括する「浜名湾游泳協会」の設立に関わる

1924年(大正13年) 東京帝大卒業、朝日新聞社に入社
1929年(昭和4年) 日本水上競技連盟理事
1930年(昭和5年) 日本体育協会専務理事

1931年(昭和6年)

日米対抗水上競技大会を提案

第1回大会を実現し、40-23で日本が勝つ

1932年(昭和7年)

第10回ロサンゼルスオリンピック水泳総監督

田畑政治は水泳総監督として参加、水泳だけで12種目のメタルをもたらし、

水泳大国ニッポンを印象づけた。

1936年(昭和11年)

二・二六事件

第11回ベルリンオリンピック本部役員

1940年の第12回オリンピックの東京開催が決定

1937年(昭和12年)

日中戦争勃発

1938年(昭和13年)

東京オリンピック中止決定

嘉納治五郎が船中で死去

1939年(昭和14年)

第二次世界大戦勃発

日本水上競技連盟理事長

1940年(昭和15年) 第12回ヘルシンキオリンピック中止

1944年(昭和19年)

第13回ロンドンオリンピック中止

1945年(昭和20年)

第二次世界大戦終戦

戦時中、日本のスポーツ界は軍部の統制下に置かれて、各競技団体は解散を命じられ、「大日本体育会」に集約。しかし、田畑政治は日本水上競技連盟を解散せず、終戦2か月後に日本水泳連盟と改称して理事長に就任。

国際水泳連盟への復帰を目指した。

1946年(昭和21年) 日本体育協会常務理事

1947年(昭和22年)

朝日新聞取締役

1948年(昭和23年)

日本オリンピック委員会総務主事

日本水泳連盟会長

第14回ロンドンオリンピック開催

敗戦国の日本は参加を認められず、田畑政治はロンドンオリンピックと同じ日に

神宮プールで水泳協議会を実施。その結果、古橋廣之進と橋爪四郎が

1500メートル自由形で世界新記録を樹立。

この記録はオリンピックの優勝者を大きく上回る記録であった。

1949年(昭和24年)

日本水泳連盟が国際水泳連盟へ復帰

ロサンゼルス全米水泳選手権に参加

朝日新聞常務取締役

1951年(昭和26年)

日本体育協会専務理事

1952年(昭和27年)

アジア競技連盟評議員

第15回ヘルシンキオリンピック日本選手団団長

1954年(昭和29年) 第2回アジア競技大会(マニラ)日本選手団団長
1955年(昭和30年) 第3回アジア競技大会(東京)組織委員会事務総長
1956年(昭和31年) 第16回メルボルンオリンピック日本選手団団長

1959年(昭和34年)

1964年の東京オリンピック開催決定

東京オリンピック大会組織委員会事務総長

1960年(昭和35年)

東京オリンピック選手強化本部本部員

1961年(昭和36年)

日本水泳連盟名誉会長

1963年(昭和38年)

東京オリンピック選手強化特別委員会委員

1964年(昭和39年)

第18回東京オリンピック開催

1965年(昭和40年) 日本体育協会理事

1966年(昭和41年)

ユニバーシアード東京大会組織委員会顧問

札幌冬季オリンピック組織委員会顧問

1968年(昭和43年)

静岡県体育協会会賓

東京スイミングセンターを設立

1969年(昭和44年)

日本オリンピック委員会常任委員

勲二等瑞宝章受章(スポーツ振興功労)

札幌冬季オリンピック大会組織委員

1971年(昭和46年) 日本体育協会副会長
1972年(昭和47年) 札幌冬季オリンピック開催
1973年(昭和48年) 日本オリンピック委員会委員長

1977年(昭和52年)

日本オリンピック委員会名誉委員長

IOC功労章(銀賞)受賞

1980年(昭和55年) 昭和54年度朝日賞受賞
1983年(昭和58年)

日本体育協会名誉副会長

1984年(昭和59年)

死去

正四位勲二等旭日重光章受章

(水泳ニッポンの父 田畑政治展~2019年大河ドラマ「いだてん」主人公の一人~より ※敬称略)

 

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2295

ファクス番号:050-3730-8899