緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > 出世かわら版 > 出世便り 2015年 > 家康公眼鏡を市博物館で展示開始!
  • 浜松だいすきネット(別ウィンドウが開きます)
  • イベント情報

ここから本文です。

更新日:2015年6月4日

家康公眼鏡を市博物館で展示開始!

6月3日(水曜日)、静岡県眼鏡商業協同組合の疋野智男理事長らが市役所を訪れ、家康公が晩年に愛用したとされる家康公眼鏡の複製品を寄贈しました。
同組合は「徳川家康公顕彰四百年記念事業」を盛り上げようと福井市のメーカーと協力し、家康公の眼鏡を復元。合計70個作製し、加盟店での展示および本市、静岡市などに寄贈しました。

家康公の眼鏡は久能山東照宮に伝わる国の重要文化財で、横幅は約9cm、レンズの直径約4cm。レンズにはガラスを使い、本物とほぼ同じ度数としています。
鈴木市長は眼鏡をとって覗き込み、「とても見やすく、使いやすいね。」と話しました。

家康公眼鏡は6月4日(木曜日)から、浜松市博物館で展示されています。
この機会に晩年の家康公が愛用したとされる眼鏡をご覧ください。

 

家康公眼鏡

集合写真

 

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899