緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > 出世かわら版 > 出世便り 2013年 > 浜松で誕生 “鍵盤ハーモニカ”・・知らない側面を紹介

ここから本文です。

更新日:2013年3月20日

浜松で誕生 “鍵盤ハーモニカ”・・知らない側面を紹介

浜松市は世界的に有名な楽器メーカーが立地する “日本一”の楽器産業の集積地で「音楽のまち」と呼ばれています。

こうした環境から誕生した楽器のひとつが「鍵盤ハーモニカ」です。多くの日本人が小学校低学年の頃に触れる、なじみ深い鍵盤ハーモニカは、浜松市の「鈴木楽器製作所」で世界で初めて誕生しました。以来、音楽初等教育に欠かせない楽器として、日本のみならず世界中で愛用されています。

日本人にとって身近な存在でありながら意外に知られていない「鍵盤ハーモニカ」の魅力をご紹介します。

浜松市は四半世紀にわたり「音楽のまちづくり」を掲げ、「浜松国際ピアノコンクール」に代表する国際レベルの大会のほか、音楽を通した国内外の交流、アクトシティ浜松や楽器博物館などの文化施設の開設、人材育成を行うアクトシティ音楽院の創設、そして、市民自らが参加し創り出すさまざまな文化事業など、国際レベルから市民レベルに至るまで数多くの施策を続けてきました。

今日の浜松が“音楽のまち”となった大きな理由の一つは、 “日本一”の楽器産業の集積地であること。世界的に有名な楽器メーカーが立地し、古くから音楽分野での日本のものづくりを支えてきました。
こうした環境から誕生した楽器のひとつが「鍵盤ハーモニカ」です。多くの日本人が小学校低学年の頃に触れる、なじみ深い鍵盤ハーモニカは、浜松市の「鈴木楽器製作所」で1961年に世界で初めて誕生しました。
現在では音楽初等教育に欠かせない楽器になった鍵盤ハーモニカの知られざるエピソードを交えながら、その魅力に迫ります。


お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899