緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > 出世かわら版 > 出世便り 2012年 > 浜松市メガソーラー発電事業・第2弾 浜松・いなさ太陽光発電所の設置・運営事業者 基本協定書締結式

ここから本文です。

更新日:2012年12月13日

浜松市メガソーラー発電事業・第2弾 浜松・いなさ太陽光発電所の設置・運営事業者 基本協定書締結式

12月13日(木曜日)、浜松市メガソーラー発電事業・第2弾となる「浜松・いなさ太陽光発電所設置・運営事業」の実施に伴う、基本協定書締結式が浜松市役所で行われ、鈴木康友浜松市長と設置運営事業者である中村建設(株)代表取締役中村信吾氏が参加しました。 

鈴木市長は「この事業は引佐の地域活性化にも関係している。9月に事業がスタートする。地元に密着した事業をしてほしい。」と語りました。

その後、「浜松・いなさ太陽光発電所設置・運営事業」基本協定書への署名を行いました。

中村建設(株)代表取締役中村信吾氏からは、「期待にそえるよう全力をつくして頑張りたい」と挨拶しました。



再生可能エネルギーの導入による電力自給率の向上や北区・引佐地域の活性化に向け、引佐北部中学校跡地(北区引佐町別所9-42他)で実施する「浜松・いなさ太陽光発電所設置・運営事業」については、選考委員会の審査等を経て、事業者を決定しました。

  • 事業者名:中村建設(株)(浜松市中区中沢町)
  • 事業用地面積:19,569平方メートル ※解体工事終了後の測量により増減する可能性有
  • 発電能力:750kW
  • 運転開始予定:H25年9月10日

事業者は、今後約20年間、発電事業と北区・引佐地域の活性化事業を行います。

なお、今回の太陽光発電所の発電量は、標準的な一般家庭約200世帯分の年間電力使用量を賄うことができます。

本事業の特徴

本事業は、発電事業を通じた地域の電力確保と、太陽光発電所を通じた北区・引佐地域の活性化の2つの目的を有しているところが特徴です。

よって、事業者の選考に当たっては、「発電事業の安定性及び確  実性、施工の迅速性」や「用地の貸付料」に加え、「北区・引佐地域 の活性化方策の具体性及び効果」について審査しました。

地域活性化事業等の概要

1)防犯・防災活動

  1. 非常用電源の無償提供
  2. ハイブリッド防犯灯の設置
  3. 緊急時ヘリポートの設置
  4. 防災倉庫の設置

2)環境教育

  1. 引佐地域の住民・小中学生を対象とした現地見学説明会の開催
  2. 引佐北部小中学校内に発電状況を示す電光掲示パネルの設置
  3. 引佐北部小中学校に「ソーラー文庫」コーナーを設置するとともに、図書を寄贈
  4. 毎年、引佐北部中学校卒業生による記念植樹祭の実施

3)施設整備

  1. 敷地内に遊具、アスレチック施設、バイオトイレの設置及び管理
  2. 太陽光発電所の見学散歩道を整備 
  3. 太陽光発電所の見学スペースを設置 
  4. 発電状況を示す電光掲示パネルの設置

4)ソーラー基金の実施

売電基金の一部を毎年積み立て、地域の学校や自治会等に環境整備のための寄付金を拠出

 ※上記事業は、関係行政機関や地元住民等との調整により変更になる場合があります。

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899