緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > 出世かわら版 > 出世便り 2011年 > 浜松茶の手揉み新茶を皇室に献上

ここから本文です。

更新日:2011年5月1日

浜松茶の手揉み新茶を皇室に献上

皇室献上は、浜松市として初の実施

5月14日に静岡県が県内茶産地13地点における茶の放射能調査をしたところ、浜松市を含めたすべての地点で、食品衛生法の規定に基づく暫定規制値及び準用値を下回り、健康への影響を心配するレベルではないとの結果が出ています。
静岡県 記者提供資料「茶の放射能調査結果(第3報)」(別ウィンドウが開きます)

平成23年4月14日(木曜日)、浜松市総合産業展示館にて、浜松市献上謹製事業の一環として、謹製手揉式が開催されました。
献上茶謹製事業は、静岡県内茶産地において、最良に管理された茶を、最良の条件で、最良の技術者によって謹製し、皇室に献上する伝統行事です。本事業は戦前より静岡県茶業組合連合会議所により実施され、昭和47年からは、社団法人静岡県茶手揉保存会に引き継がれ、毎年実施されています。
これまでに、昭和40年に旧春野町、昭和55年に旧天竜市で実施されたことがありますが、浜松市としては、今回が初めての実施となります。
5月30日(月曜日)に、浜松市長や浜松市献上茶謹製事業実行委員会の皆さんが、宮内庁へ献上茶を持参し、皇室に献上する予定です。
※「謹製」……つつしんで、つくること

献上茶謹製手揉式

会場では、手揉み技術を伝承している、静岡県茶手揉保存会会員などの手により、約5時間かけて手揉み作業が行われ、献上茶が茶筒に詰められました。途中、浜松市長も手揉みを体験しました。

さえみどり

献上茶に使用された茶葉「さえみどり」

献上茶を詰める茶筒

献上茶を詰める茶筒

手揉みの様子

手揉みの様子

手揉みを体験する市長(中央)

手揉みを体験する市長(中央)

お茶の手揉み工程

1.葉ぶるい

葉ぶるい

葉表面の水分を取る。重なり葉ができないように、50cm前後の高さから振り落とす。

2.軽回転揉み

軽回転揉み

細胞を破砕しつつ葉脈や茎の水分を揉み出す。
茶葉を敏速にころがし、均一に揉む。

3.重回転揉み

重回転揉み

全部の茶葉を一段として、全体重をかけて前後左右に緩やかに回転させ、練り揉みを行う。

4.玉解き

玉解き

茶のかたまりを解きほぐし、水分分布を均一にする。

5.揉み切り

揉み切り

茶によれ形をつけつつ、乾かす。

6.でんぐり

でんぐり

茶の形状を整え、とくに針状に伸ばす。

7.こくり

こくり

茶の形を整え、光沢を出す最終段階。

8.乾燥

 乾燥

 水分含有量が4%くらいになるまで、平均に乾かす。

浜松茶の歴史

浜松茶の産地である三方原台地は、強酸性の痩せた土壌で水の便も悪かったため、江戸時代までは不毛の荒野でした。
本格的な茶栽培は、明治の初め、地域の有力者である気賀林(きがりん)が中心となって開拓を始め、茶園「百里園」が経営されたことに始まります。
この茶園を引き継いだ横田保(よこたたもつ)により大製茶工場(緑茶・紅茶・ウーロン茶・てん茶)が建設されました。明治24年には、百里園の紅茶が宮内庁に献納された記録があります。
現在、三方原台地には、栽培・製造・販売を一貫経営する自園・自製・自販の茶農家も多く、良質はお茶づくりが続けられています。

浜松のお茶

浜松茶

浜松茶
太陽の恵みをたっぷり受けて育ったお茶。深蒸し煎茶・中蒸し煎茶が多く、軽やかな味わいに中にコクと甘みがあります。

天竜茶

天竜茶
天竜川の山あいの中央を流れる雄大な自然の中で育まれたお茶。主に浅蒸し煎茶で、爽快ですがすがしい香り。うまみと渋みが調和し、うまみの余韻があります。

春野茶

春野茶
霧深い山の茶園で育まれたお茶。中蒸し煎茶が多く、やさしくさわやかな香り。程よい渋みがあり、甘みの余韻があります。有機栽培によるお茶づくりも盛んです。

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899