ここから本文です。

更新日:2015年12月14日

三方ヶ原古戦場碑

三方原墓園駐車場敷地内(北区根洗町)

三方ヶ原の戦い

1572(元亀3)年、上洛(地方から京に上ること)を目指し、武田信玄が遠江国に進軍。それを知った徳川家康は、浜松城を出発・追撃し、三方ヶ原の地で戦いとなりました。しかし、兵の数でも軍術でも劣る徳川軍は総崩れとなり、家康も命からがら浜松城へ逃げ帰りました。
その夜、犀ヶ崖付近で野営していた武田軍に奇襲を仕掛け、反撃に出た家康ですが、最終的におよそ1,000人もの戦死者を出す徳川軍の大敗北に終わりました。
家康はこの敗戦を教訓とし、いかにして勝つか、信玄の戦法を積極的に学び、その後の数々の戦いに生かしていったといわれています。
※武田信玄の遠江侵攻の目的は、諸説あります。


若き日の徳川家康が、武田信玄に大敗北を喫した「三方ヶ原の戦い」。三方原台地の一角に、この辺りが戦いの舞台となったことを示す碑が建てられています。

 

戦いがあった場所ついては、三方原台地であるということ以外、詳しいことはわかっていないのじゃが、1984(昭和59)年、その歴史を長く伝えようと「三方原歴史文化保存会有志」の手により、三方原の一角であるこの地に碑が建立されたのじゃ。

広報はままつ2015年12月号掲載

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028