ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > はっけん浜松 > 家康くんのぶら~り探訪記 > 徳川秀忠(とくがわひでただ)公 誕生の井戸

ここから本文です。

更新日:2015年6月19日

徳川秀忠(とくがわひでただ)公 誕生の井戸

江戸幕府2代将軍、徳川秀忠公出生の地。家康公の側室である西さいごうのつぼね郷局が秀忠公を産んだとき、産湯としてこの辺りにあった井戸水が使われたという伝承をもとに復元された井戸です。出生地とされる場所は2説有り、1説は浜松城二の丸の北側。もう1説は現在のクリエート浜松西側付近であり、新川交番北側に石碑が設置されています。

(現在周辺施設の工事のため、井戸と井戸へ向かう石畳の小道は撤去されています。11月頃、再度復元される予定です)

所在地

浜松市中区常盤町

※遠州鉄道「遠州病院駅」下車すぐ

広報はままつ2015年6月号掲載

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028