ここから本文です。

更新日:2015年6月19日

浜松八幡宮

市の中心部にありながら、多くの木々が生い茂る森にお祭りされ、“八幡さま”と親しまれている「浜松八幡宮」。古来、勝運や立身出世、安産、長寿などの神様として、今なお多くの人が参拝に訪れています。
境内にそびえるクスノキは「雲立のクス」と呼ばれ、樹齢1,000年を超えるとされている古木。徳川家康公にまつわる言い伝えも残されています。


凜とした雰囲気が漂う境内

201506-1写真4
高くそびえる「雲立のクス」。歴史を感じるのじゃ〜。

「三方ヶ原の戦い」で武田信玄に大敗し、八幡宮のクスノキの洞に逃げ込んで追っ手から身を隠していた家康公。すると、突然クスノキから雲が立ち上がり、神霊が白馬に跨またがって浜松城へと飛び立ちました。これを見て勇躍した家康公は、八幡宮を徳川家代々の祈願所と定め、旗や弓、神馬などを奉納し、武運を祈願するようになったといわれています。

所在地 浜松市中区八幡町2番地
電話番号 053-461-3429

広報はままつ2015年6月号掲載

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028