ホーム > 出世の街 浜松 みりょく大集合 > はっけん浜松 > 名所・旧跡 > 『出世の街 浜松』を象徴する「浜松城」

ここから本文です。

更新日:2014年10月31日

『出世の街 浜松』を象徴する「浜松城」

浜松城は、1570年、徳川家康公が29歳の時に築城されました。以来、家康公は45歳まで17年間居城し、この浜松で天下統一の礎を築きました。

家康公が浜松城を離れた後は、24代の城主たちが浜松を守りました。このうち、天保の改革をおこなった水野忠邦をはじめ、数多くの城主が幕府の重役(老中、大阪城代、京都所司代など)に登用されたことから、浜松城は「出世城」と呼ばれるようになりました。

このことは、明治・大正時代の俳人・松島十湖(現浜松市東区出身)の俳句「はま松は 出世城なり 初松魚」でも詠われています。

「出世城」である浜松城、そして、浜松には「出世」が根付いているのです。

浜松城

お問い合わせ

浜松市役所産業部観光・シティプロモーション課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2293

ファクス番号:050-3730-8899