緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2022年3月20日

水窪文化会館だより(令和4年3月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理受託者)

問い合わせ:電話(053)982-0013 FAX(053)982-0022

水窪文化会館だより(令和4年3月)

PDF版:水窪文化会館だより(令和4年3月)(PDF:784KB)

 みさ文トピックス(今月の話題)

たみのさちさん(磐田市)作
ジオラマ展を開催中!
青春の水窪駅を再現

水窪駅を再現したジオラマミニチュアで再現された水窪駅と水窪川
水窪文化会館ロビーで、たみのさちさん(磐田市)が制作したジオラマ作品展を開催しています。
水窪駅を再現したジオラマを展示中です。「青春の水窪駅」と題して、昭和57年ごろの姿を細かいところまで再現した作品です。
懐かしさに浸りながら、ぜひご覧ください!

バスの回転場と隣にあった建物水窪駅の駅舎を再現飯田線と交差する相月の道路
たみのさちさんは、ご自身の故郷に似た北遠の風景に惹かれ、飯田線をモデルにジオラマを制作。
現地に足を運び、写真を撮り、地形や歴史をたどりながら作品を仕上げています。
何気ない日常の風景を描いた作品の中に人々の暮らしが見事に再現され、見る人を郷愁の物語へと誘います。

春の訪れ感じる芽吹き

ワラを押しのけて芽吹くチューリップ
文化会館の入り口のプランターに植えたチューリップが寒さ対策で敷いたワラを押しのけて、芽を出していました。
季節を忘れることなく芽吹く姿に生命の力を感じますね。
本格的な春は、もう目の前です。

 文化会館のできごと(3月)

3月12日(土曜日)
光回線説明会&スマホ講座

多く参加者が集まった光回線説明会光回線の説明を受ける受講者スマートフォンの使い方を学ぶ受講者講師から個別にアドバイスをもらう受講者
水窪地域での光回線サービス提供が始まることを受けて光回線の特徴や料金体系、契約に関する注意点などを解説する説明会を開催しました。
多くの参加者が集まり、住民の関心も高い様子がうかがわれました。
後半はスマートフォンの使い方の講座を開催。デジタル化が進む時代の中でのスマートフォンとの付き合い方について理解を深める内容で、より便利な使い方についてのアドバイスなどもありました。

 イベント情報など(4月)

これから開催予定の講座やイベントを紹介します。
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:4月19日(火曜日)午後7時30分~9時
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由

水窪文化会館ピアノ・ホール
無料開放

水窪文化会館のピアノとホールステージを無料開放します。
水窪文化会館にある楽器などの使用や、ご自分の楽器などを持ち込むことができますので、お気軽にご利用ください。

4月の開放日:
4日(月曜日)・11日(月曜日)・18日(月曜日)・25日(月曜日)
時間:午前9時~午後5時

 文化会館からのお知らせ

水窪文化会館で受講してみたい講座はありませんか?

水窪文化会館で開催してほしい講座や興味のあることなどがありましたら、ぜひ、ご意見をお寄せください。
皆さまのご意見を踏まえて、様々な講座を開催していきます。

文化会館スタッフ(よかっつらみさくぼ)に伝えていただいてもOKです!
お気軽に、ご連絡ください。
※ご意見いただいたすべての講座を開催できるわけではありません。
ご了承をお願いします。

・令和3年度は、クラフトバンド講座を開催しました。
初めて挑戦する方も多数いましたが、みんなでワイワイ楽しくカゴやバッグなどの作品をつくりました!
クラフトバンド講座で作った作品クラフトバンド作品を作る様子

 水窪図書館だより

水窪図書館からのお知らせです。

本と雑誌のリサイクル

期間:5月10日(火曜日)まで
図書館で除籍した(不要となった)資料などの再利用、読書の普及を目的として実施するものです。
●一人10冊まで
●受領書に記入後、お持ち帰りできます。
 

寄贈本の紹介

今年度も水窪出身の耳塚英一さんや地元の方々から多くの本の寄贈がありました。
寄贈本コーナーに並べてありますので、ぜひ手に取り読んでみてください!

【ピックアップ】

美しき鐘の声
『平家物語 一・二・三 』(意訳で楽しむ古典シリーズ)
木村耕一/著
黒澤葵/イラスト

平家物語(意訳で楽しむ古典シリーズ)
平家物語はフィクションではありません。
実際にあった事件を基に描かれて、原文を読むと800年前も今も、人間の心は同じだと知らされます…。
平清盛は政治家としても武将としても優秀な人物だったからこそ、短期間で平家を急成長させることができた…。
しかし人間は煩悩のかたまりです…。地位、名誉、権力を握った清盛が欲や怒りにまかせて「悪行」を重ねる姿が『平家物語』に描かれています。

【寄贈本一覧】

  • インスタントラーメン図鑑
  • 真田三代
  • 彼女は頭が悪いから
  • 変な家
  • 自転しながら公転する
  • 推し、燃ゆ
  • 花束は毒
  • じんかん
  • 罪の声
  • 昨日がなければ明日もない
  • 田園発港行き自転車(上・下)
  • いのちの姿
  • 焚火の終わり(上・下)
  • 万骨伝
  • 霧笛荘夜話
  • 夜明けの街で
  • 明智光秀
  • 水のかたち(上・下)
  • 楢山節考
  • 海岸列車(上・下)
  • 平成史
  • 自動車会社が消える日
  • 長篠の戦い
  • 男の孤独死
  • まあまあふうふう。
  • 心淋し川
  • 臨床の砦
  • 灯台からの響き
  • ユダヤ人大富豪の教え
  • 鳥人計画
  • 公安狼
  • 大名倒産(上・下)
  • 流人道中記(上・下)
  • この国は俺が守る
  • 遺言未満、
  • 徳川家康と武田氏
  • 熱源
  • 背高泡立草
  • 冬の狩人
  • ロッキード疑獄
  • 老~い、どん!
  • 明智光秀伝
  • 大河の一滴
  • 壺霊(上・下)
  • こころに響く方丈記
  • 観月
  • 小説「安楽死特区」
  • 月の客
  • 家族じまい
  • 騙る
  • まむし三代記
  • 海峡に立つ
  • 霧をはらう
  • 灰の劇場
  • 黒牢城
  • はじめての韓国語
  • がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!
  • 銀翼の死角

…ほか

 

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区水窪協働センター

〒431-4101 浜松市天竜区水窪町奥領家2980-1

電話番号:053-982-0013

ファクス番号:053-982-0022

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?