緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年11月20日

水窪文化会館だより(令和3年11月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理受託者)

問い合わせ:電話(053)982-0013 FAX(053)982-0022

水窪文化会館だより(令和3年11月)

PDF版:水窪文化会館だより(令和3年11月)(PDF:864KB)(別ウィンドウが開きます)

 みさ文トピックス(今月の話題)

「水窪文化祭」を開催しました
日頃の文化活動を発表

水窪文化祭芸能発表の様子水窪文化祭作品展示の様子
水窪文化会館で地域活性化団体よかっつらみさくぼ主催により「水窪文化祭」を4年ぶりに開催しました。
ホールでは芸能発表会を、視聴覚室で作品展示を行いました。
展示した作品は、今後も文化会館のロビーに入れ替えを行いながら展示しますので、ぜひ、ご覧ください!

水窪の紅葉シーズン

水窪文化会館の紅葉野鳥の森周辺の紅葉
水窪では、紅葉のシーズンが到来。11月上旬に見ごろを迎えました。
山住峠やヒョー越峠、青崩峠などの山々が美しく色づいていました。
文化会館の入り口のモミジも赤に染まり、秋の装いとなりました。

 文化会館のできごと(11月)

11月6日(土曜日)
令和3年水窪文化祭
芸能発表・作品展示

水窪文化会館では、久しぶりの開催となった文化祭。水窪で活動する団体、個人の皆さんの文化活動の発表の場となりました。ご出演いただいた皆さま、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
水郷会(銭太鼓)水窪詩舞会ピアノ教室
立花会筝曲絵美の会
本町かっぽれ会

パッチワークの会あひるの会水窪草木染

やしおクラブ盆栽愛好会つまようじ作品

元気はつらつ教室

11月10日(水曜日)
聖隷クリストファー大学との連携講座
みんなで心も体も元気になろう!~健康寿命を延ばす予防と対策~

運動に取り組む参加者
聖隷クリストファー大学・理学療法学科の学生を講師に、シニア向けの講座を開催しました。
自宅で簡単にできる運動について学び、参加者と学生とが一緒にレクリエーションに取り組みました。
参加者からは若者との交流で元気をもらったという声もあり、いきいきと体を動かしていました。

 イベント情報など(12月)

これから開催予定の講座やイベントを紹介します。
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

シニア向け講座
笑いの健康談義 人生は もっと楽しく おもしろく!

昭和の出来事、流行の言葉・歌・テレビ番組などの懐かしい話題をみんなで一緒に振り返ります。
お話を聞きながら、一緒に笑って楽しみましょう!

日時:12月1日【水曜日】午後1時30分~
会場:水窪文化会館 視聴覚
講師:島篤史さん(天竜区山東)
申し込み:電話または直接、水窪文化会館までご連絡ください。【11月26日(金曜日)締切】

スマートフォン講座 超初心者・初心者向け

【午前の部】スマホデビュー検討中の方向け
スマホの使い方を基礎から説明します。

【午後の部】スマホ初心者の方向け
ラインをもっと便利に使う方法など。

日時:12月11日(土曜日)
【午前の部】午前9時~11時30分
【午後の部】午後1時30分~4時
会場:水窪文化会館 視聴覚室
定員:各回20名
講師:NPO法人まちづくりネットワークWILL、au代理店 株式会社STC ほか
申し込み:電話または直接、水窪文化会館までご連絡ください。【12月8日(水曜日)締切】

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:12月14日(火曜日)
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由

水窪文化会館ピアノ・ホール
無料開放

水窪文化会館のピアノとホールステージを無料開放します。
水窪文化会館にある楽器などの使用や、ご自分の楽器などを持ち込むことができますので、お気軽にご利用ください。

11月の開放日:
6日(月曜日)・13日(月曜日)・20日(月曜日)・27日(月曜日)

時間:午前9時~午後5時

 水窪図書館だより

水窪図書館からのお知らせです。

ブックスタートについて

はじめてのお誕生日が近くなったら、長い読書生活の第一歩を最良の出会いでスタートさせてあげましょう。

日時:12月9日(木曜日)11時~
場所:水窪山村開発センター(水窪協働センター2階)
対象:令和2年12月~令和3年4月生まれのお子さんとその保護者
内容:読み聞かせやわらべうたの体験とアドバイス、おすすめの絵本を1冊プレゼント
持ち物:母子健康手帳

「公益信託西川金一・ゆり子図書助成基金」および「公益信託土屋勝次・てる図書助成基金」より児童書55冊が贈呈されました。

西川氏・土屋氏は、この公益信託により贈呈された図書が、地域の文化および教養の向上に役立つこと、特に子どものための図書の充実を希望されており、0歳から子どものための図書を贈呈いただきました。

『シンデレラ 自由をよぶ人』
レベッカ・ソルニット/著
アーサー・ラッカム/挿画

王子様に幸せにしてもらうのではなく、自分で幸せになる自由で独立したひと。
今を生きる私たちのために「あたらしいシンデレラ」巨匠ラッカムの美しい挿絵とともに語った、おとな向け絵本。

『日本の固有種3 空を飛ぶ生き物 グラフや表から環境問題を考える』
今泉忠明/監修

日本の固有種とそれらを取り巻く環境問題について、多数の写真、グラフや表を用いてわかりやすく解説する。
3は、アカヒゲ、ルリカケスなど空を飛ぶ生き物を取り上げる。

『飯田線のEF58 』
所澤秀樹/著

古くから鉄道ファンを惹きつける飯田線。
興趣に富んだ路線を、ゴハチことEF58が駆け抜けた時代があった。
飯田線全線を対象に300点以上の写真で往年の雄姿の追憶を試みる。

『ゆうびんやさんおねがいね』
サンドラ・ホーニング/文
バレリー・ゴルバチョフ/絵

もうすぐ遠くに住んでいるおばあちゃんの誕生日。
おばあちゃんが喜ぶプレゼントを思いついたコブタくんは、お母さんと郵便局にでかけます。
さあ、郵便リレーのはじまり、はじまり!

『世界で一番の贈りもの』
マイケル・モーパーゴ/作
マイケル・フォアマン/画

1914年、凍てつく西部戦線。1人の兵士が声を上げた。
「敵の塹壕に白旗が!」それが、後に続く夢のような出来事の幕開けだった…。
前線各地で起こった「クリスマス休戦」の実話に基づく物語。

『おじいちゃんとの最後の旅』
ウルフ・スタルク/作
キティ・クローザー/絵

病院に入院しているおじいちゃんが、死ぬ前に家に取りに行きたいものがあるという。
ぼくはおじちゃんのために、病院を抜け出すカンペキな計画を立てた…。
切ない現実をユーモアでくるみ、巧みに描いた物語。

『ペロのおしごと』
樋勝朋巳/作

犬のペロは飼い主の“おかあさん”が大好き。
“おかあさん”にネックレスをプレゼントするために、ペロはお仕事を探しに出かけます。
果たしてプレゼントをあげることができるでしょうか?

『未来からの伝言』
那須田淳/作
梶山直美/絵

「子ども近未来研究所」に迷いこんだ小学生5年生の紗綾たち。
そこで、アバターと出会い「SDGs」について話し合うことになり…。
物語をとおして、SDGsのことをわかりやすく伝える。

『記号のポケット図鑑』
児山啓一/監修

簡潔な形や色でメッセージを伝える「記号」。
記号の役割を知ると生活がどんどん便利になる。
案内用図記号から地図記号まで、様々な記号を紹介する。

『変身する生きもの図鑑2 変身する系』
柴田佳秀/監修・文

「姿を変える」生きものたちを楽しく紹介。
それまでの姿から、違った色や形に変わる「変身」を取り上げ、生きものたちがどのように姿を変えるのか、豊富な写真とともにわかりやすく解説する。

 

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区水窪協働センター

〒431-4101 浜松市天竜区水窪町奥領家2980-1

電話番号:053-982-0013

ファクス番号:053-982-0022

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?