緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年10月26日

水窪文化会館だより(令和3年10月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理受託者)

問い合わせ:電話(053)982-0013 FAX(053)982-0022

水窪文化会館だより(令和3年10月)
  • みさ文トピックス(今月の話題など)
    ・よみがえる合戦の記憶!「峠の国盗り綱引き合戦」展
    ・秋は水窪文化会館へ
  • イベント情報
    ・水窪文化祭開催のご案内
    ・星空観望会
    ・ピアノ・ホール無料開放
    ・シニア向け講座「みんなで心も体も元気になろう!」
  • 文化会館からのおしらせ
    ・12ヵ月の季節の折り紙 展示中
    ・水窪民俗資料館 古民家にお月見飾り
  • 水窪図書館だより
    ・今月のおすすめ本
    ・10月27日から11月9日は読書週間です。
    ・「東海道五拾三次(保永堂版)」の版画を展示中!

PDF版:水窪文化会館だより(令和3年10月)(PDF:768KB)(別ウィンドウが開きます)

 みさ文トピックス(今月の話題)

よみがえる合戦の記憶!
「峠の国盗り綱引き合戦」展

峠の国盗り綱引き合戦展示綱引き道具の展示
過去の綱引き合戦の写真綱引きに使用される綱
水窪文化会館のロビーで、「峠の国盗り綱引き合戦」の展示を開催中です。
今年も合戦は中止となってしまいましたが、第1回の写真や過去の合戦を振り返る写真やシューズ・サポーターなどの綱引き道具、遠州軍の法被などを展示しています。
これまでの綱引き合戦の歴史を振り返ると共に、ぜひ奥の深い綱引きの世界を味わってみてください。

秋は水窪文化会館へ

読書の秋
朝晩は涼しくなって秋めいてきました。「〇〇の秋」とよく言いますが、皆さんはどんな秋をお過ごしですか。
「読書の秋」「スポーツの秋」「文化の秋」…。文化会館は、皆さんの秋をサポートする施設です。
「食欲の秋」の皆さんも、たまには、ぜひ水窪文化会館へお立ち寄りください。

 イベント情報など(11月)

これから開催予定の講座やイベントを紹介します。

水窪文化祭 開催のご案内

今年は「水窪文化祭」を開催します。
町内の皆さんの作品や演技の発表の場です。
開催日をカレンダーなどに、ぜひメモしておいてください。
多くの皆さんのご来場を心よりお待ちしております。

出演者など、詳細は後日回覧などでお知らせします。

開催日:11月6日(土曜日) 開場:12時30分、開演:13時

会場:
【芸能発表】水窪文化会館 ホール

【作品展示】水窪文化会館 視聴覚室

出演:

【芸能発表】
・立花会
・絵美の会
・筝曲
・水窪詩舞会
・ピアノ教室
・本町かっぽれ会
・水郷会(銭太鼓)


【作品展示】
・やしおクラブ
・水窪草木染
・パッチワーク
・あひるの会
・元気はつらつ教室
・つまようじアート
・盆栽愛好会

新型コロナウイルス感染症対策をとって開催します。感染拡大の状況によっては、中止・延期となる場合があります。ご了承をお願いします。

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:11月16日(火曜日)
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

水窪文化会館ピアノ・ホール
無料開放

水窪文化会館のピアノとホールステージを無料開放します。
水窪文化会館にある楽器などの使用や、ご自分の楽器などを持ち込むことができますので、お気軽にご利用ください。

11月の開放日:
1日(月曜日)・8日(月曜日)・15日(月曜日)・22日(月曜日)・29日(月曜日)

時間:午前9時~午後5時

シニア向け講座(浜松市と聖隷クリストファー大学との連携事業)
みんなで心も体も元気になろう!~健康寿命を延ばす予防と対策~

転倒による健康への悪影響や認知症について学び、予防のために自宅でできる運動などを実際に体験します。

開催日:11月10日【水曜日】午後2時~
会場:水窪文化会館 視聴覚室
講師:聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 学生
定員:15名
申し込み:電話または直接、水窪文化会館までご連絡ください。【11月5日(金曜日)締め切り】(電話:053-982-0013)

【講座・イベントにご参加の際の注意事項】

  • マスクの着用、手指の消毒、検温にご協力ください。
  • 受付で氏名・連絡先をお伺いします。
  • 当日、体調のすぐれない方は、参加をお控えください。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大状況などにより、やむを得ず開催中止となる場合があります。
  • 講座風景を市のホームページなどに掲載することがあります。ご了承ください。

 文化会館からのおしらせ

文化会館の事業やよかっつらみさくぼの事業についておしらせします。

12ヵ月の季節の折り紙 展示中

季節の折り紙作品展
水窪文化会館の入り口にスタッフが図書館の本を見て作った折り紙の作品を展示しています。
12ヵ月の季節の行事を折り紙で表現しています。
皆さんも一度ご覧いただき、ぜひ挑戦してみてください。

水窪民俗資料館 古民家にお月見飾り

水窪民俗資料館横の古民家のお月見飾りお供えされた月見団子(模型)
水窪民俗資料館横の古民家に「水窪文化財懇話会」により、お月見のお供えを飾り付けていただきました。
月見団子や里芋などを、本物そっくりに木で再現してあります。
水窪のお月見は10月に行います。農作物の豊作に感謝し団子や里芋を、ススキや菊を飾って供えて月見を楽しみ、祝います。

 水窪図書館だより

水窪図書館からのお知らせです。

今月のおすすめ本

水窪図書館の新入荷本・おすすめ本を紹介します。
気になる本があったら、ぜひチェックしてみてください!

『老後の年表 人生後半50年でいつ、何が起きるの…?で、私はどうすればいいの??』
横手彰太/著

介護離職、熟年離婚、老後うつ…。人生の後半でいつ、何が起きるのか。
50歳以降に起きやすいことを年表形式で紹介し、著者の経験や研究データをもとに解決策を具合的に説明する。

『おひとりさまの終活 お困りごとは死後事務委任で解決』
神田紀久男/著

葬儀の主催、行政手続き、クレジットカードの解約など、自分が亡くなった後の手続きを親族以外の人に託す「死後事務委任」を詳しく紹介。終活の成功事例も収録する。

『飯田線のEF58 』
所澤秀樹/著

古くから鉄道ファンを惹きつける飯田線。
興趣に富んだ路線を、ゴハチことEF58が駆け抜けた時代があった。
飯田線全線を対象に300点以上の写真で往年の雄姿の追憶を試みる。

『これでおしまい』
篠田桃紅/絵

人間は死ぬまで一生迷路に入っているんです。
迷いと、自ずから何とかなるだろうという楽観的な考え方とがいつもやり合っている。
107歳、世界的美術家が遺した「人生のことば」をまとめる。

『りんごの木を植えて』
大谷美和子/作 白石ゆか/絵

「たとえあした、世界が滅亡しようとも、きょうわたしはりんごの木を植える。」
このことばを教えてくれた大好きなおじいちゃんに、がんの再発が。
おじいちゃんは積極的な治療は行わないと言い…。心あたたまる家族の物語。

『おじいちゃんとの最後の旅』
ウルフ・スタルク/作 キティ・クローザー/絵

病院に入院しているおじいちゃんが、死ぬ前に家に取りに行きたいものがあるという。
ぼくはおじちゃんのために、病院を抜け出すカンペキな計画を立てた…。
切ない現実をユーモアでくるみ、巧みに描いた物語。

『ばあちゃんからの贈りもの“いのち”はつながっている』
おおさとみほこ/さく やざわさわこ/え

りっくんにいつも「いのち」のつながりと自然への感謝を教えてくれていたばあちゃん。
そんなばあちゃんが突然亡くなってしまう…。
祖母との日々とその死を通して「いのち」のつながりの意味に気づく少年を描いた絵本。

10月27日(水曜日)~11月9日(火曜日)は読書週間です。

読書週間のマーク読書週間のバナー
この機会に様々な分野の本を読んでみてはいかがでしょうか。
皆さんにぴったりの本を探しに、ぜひ水窪図書館へお越しください!

歌川広重「東海道五拾三次(保永堂版)」の版画を展示中!

水窪図書館内に、歌川広重の「東海道五拾三次」の版画を展示しています。
定期的に入れ替えながら展示しますので、ぜひご覧ください!
東海道五十三次(日本橋)東海道五十三次(浜松)

水窪図書館には、東海道五拾三次の本もあります!

「NHK浮世絵EDO-LIFE 東海道五拾三次 描かれた人々の「声」を聴く」 編著/藤澤紫 
「小学館あーとぶっく14 広重の絵本 遠くへてくてく」 構成・文/結城昌子

 

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区水窪協働センター

〒431-4101 浜松市天竜区水窪町奥領家2980-1

電話番号:053-982-0013

ファクス番号:053-982-0022

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?