緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年8月20日

水窪文化会館だより(令和3年8月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理委託者)

問い合わせ:電話(053)982-0013 FAX(053)982-0022

水窪文化会館だより(令和3年8月)

PDF版:水窪文化会館だより(令和3年8月)(PDF:806KB)(別ウィンドウが開きます)

 みさ文トピックス(今月の話題)

水窪文化会館にかわいい小人の家
高校生による壁画が完成

水窪文化会館に完成した壁画

水窪文化会館の入り口の塀(内側)にかわいい壁画が完成しました。
絵を描いてくれたのは、浜松湖北高等学校佐久間分校美術部1・2年生の皆さんです。
小人の家をモチーフにした世界が表現されていて、高校生ならではの発想で、華やかな雰囲気に生まれ変わりました。
ぜひ、ご覧ください!

佐久間分校美術部の皆さん作業をする高校生

短冊に願い込めて

水窪文化会館の七夕飾り

8月7日の七夕に合わせて、文化会館では来館した皆さんの願い事を短冊に書いていただきました。
皆さんの願いが叶いますように…。

 文化会館のできごと(7~8月)

文化会館で行われた講座やイベントを紹介します。

夏休み体験教室(小・中学生向け講座)

8月3日(火曜日)
理科工作教室

工作を体験する子供たち作ったおもちゃで遊ぶ子供たち
アルミホイルとビー玉でできる触ると不思議な動きをする「恐竜のたまご」や「ホバークラフト」の仕組みを体験できる科学の力を使ったおもちゃなどを作りました。
厚紙を切って馬の形にしたおもちゃは、坂道に置くとトコトコと走り出す不思議なもので、子どもたちは夢中になって遊んでいました。

8月6日(金曜日)
手品教室

手品を練習する子供たち1手品を披露する子供たち
鳥居太郎さん(本町)を講師に、手品を練習する講座を開催しました。
鳥居さんによるマジックショーが披露された後、子どもたちが手品に挑戦しました。
お手本を見ながらどんなタネになっているのかを考えて、参加者どうしで披露しあいました。
子どもたちは何度も練習することで、上手にできるようになっていました。

8月10日(火曜日)
ドライフラワー教室

花を選ぶ子供たち完成したドライフラワーの花束
花の会の皆さんが育てた花で作ったドライフラワーを使ったスワッグ(小さな花束)づくり体験を行いました。
参加者は花の会の皆さんから、すべての花が前を向くようにすることや下から上に向かって段を付けるなどのアドバイスを受けながら作品を作っていきました。
花の種類や数は参加者が自ら選び、個性が表れた作品に仕上がっていました。 
 

8月11日(水曜日)
木工教室

木工工作に取り組む子供たち完成したハンガーラック
キャスター付きハンガーラックを作製し、ものづくりの面白さを味わいました。
釘を打って組み立てる作業が中心で参加者は難しい部分は手助けを受けながらも、ほとんどの作業をスムーズに進めていました。
作品が完成すると自らの手で作り上げたということに満足している様子でした。水窪の木材にも触れる機会となりました。

よかっつらみさくぼ企画

7月27日(火曜日)
クラフトバンド講座

クラフトバンドに取り組む参加者完成したクラフトバンドのかご

山田ひろ子さん(佐久間町相月)のご指導でクラフトバンドのかご作りに挑戦しまし。
失敗も冗談で笑い飛ばし、にぎやかで楽しい講座となりました。
クラフトバンド講座は、第2弾、第3弾と予定していますので、「こんなものを作りたい!」というご要望がありましたら、ぜひ、お寄せください!

7月30日(金曜日)
スマートフォン講座
VRを体験してみよう!

VRを体験する参加者スマホの操作を学ぶ参加者

au代理店(株)STCの皆さんを講師にVR(バーチャルリアリティ)を体験しました。
VRゴーグルをつけて、ビルから突き出した一本橋の映像の中に放り込まれた体験者は、震えるほど怖かったと話していました。
ほかにも、浜松いわた信用金庫水窪支店の皆さんのご指導で口座管理アプリを導入しました。
昭和のSF物語が現実になろうとしていることを実感するような講座となりました。

 イベント情報など(9月)

これから開催予定の講座やイベントを紹介します。

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:9月21日(火曜日)
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

水窪文化会館ピアノ・ホール
無料開放

水窪文化会館のピアノとホールステージを無料開放します。
水窪文化会館にある楽器などの使用や、ご自分の楽器などを持ち込むことができますので、お気軽にご利用ください。

9月の開放日:
6日(月曜日)・13日(月曜日)・27日(月曜日)

時間:午前9時~午後5時

 水窪図書館だより

水窪図書館からのお知らせです。

休館日の変更について

9月18日・19日・20日は水窪まつり開催のため臨時休館の予定でしたが、水窪まつりが中止となったため、開館します。

今月のおすすめ本

水窪図書館の新入荷本・おすすめ本を紹介します。
気になる本があったら、ぜひチェックしてみてください!

今月のおすすめ本

『生ききる力』
林田憲明/著
体と心の衰えを切実に自覚し始める「60歳から」をどう生きるか?
日野原重明から聖路加の灯を受け継ぎ、心理学の巨頭フランクルに学んだ医師が病、老い、死に寄り添って綴った温かなエッセイ集。全33話を収録。
 

『日本の流行歌 栄枯盛衰の100年、そしてこれから』
生明俊雄/著
流行歌は時代を映す鏡。
江戸時代の「はやりうた」から現在の音楽配信まで、流行歌のこれまでの歩みを振り返りながら、流行歌文化を通じて、日本人が各時代の社会背景に、いかに音楽を楽しんできたかをたどる。
 

『絵本のようにめくる城と宮殿の物語』
石井美樹子/著
ロンドン塔、シヨン城、ヴェルサイユ宮殿…。
愛憎や陰謀が渦巻き、数奇な伝説が生まれ、歴史を大きく転換する舞台となった城や城館。
ヨーロッパの城と宮殿にまつわる物語を、美しい写真とともに紹介する。
 

『7年目のランドセル ランドセルは海を越えて、アフガニスタンで始まる新学期 』
内堀タケシ/写真・文
使用済みランドセルをアフガニスタンの子どもへ贈る「ランドセルは海を越えて」の活動を通して、今日でも戦闘やテロが続くアフガニスタン国内の状況や子どもたちの生き生きとした表情を伝える写真絵本。


『名作古典にでてくるどうぶつの不思議なむかしばなし』
福井栄一/[訳]著 三本桂子/絵
しくじった狸、猫のへりくつ、牛のなみだ…。
「どうぶつ」にまつわる不思議と驚きの物語を、「宇治拾遺物語」などの古典文学作品から選りすぐり、読みやすい現代語に訳して紹介する。
登場する「どうぶつ」の写真と説明も収録。

返却用ブックポストの利用について

水窪文化会館入口の外にある返却用ブックポストには、CD・DVDは入れないでください。

 

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区水窪協働センター

〒431-4101 浜松市天竜区水窪町奥領家2980-1

電話番号:053-982-0013

ファクス番号:053-982-0022

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?