緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年2月20日

水窪文化会館だより(令和3年2月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理委託者)

水窪文化会館だより(令和3年2月)

 今月のみさくぼ(季節の話題など)

令和3年水窪地区成人式が開催されました。

木工作品の展示会

水窪文化会館ロビーで、木工作品展を開催中です。暮らしに彩りを添える素敵な作品を展示しています。
近年では木工製品の持つ温かさが注目されています。一つ一つ手作りされた作品からは、確かな「木のぬくもり」を体感することができます。
ぜひ、ご覧ください!

(詳しくは、下の記事で紹介しています)

おひなさまを展示しています。

 

御殿飾り付きのひな壇おだいりさまとおひなさま

水窪文化会館の入り口には、3月3日のひな祭りに合わせて、ひな飾りを展示中です。
御殿飾りのついた立派なひな壇です。
一足早く春の装いとなった文化会館。
ぜひ、お気軽にお立ち寄りいただき、どうぞごゆっくりとご覧ください。

 水窪文化会館からのお知らせ

水窪文化会館/電話:982-0013


「暮らしの中に木のぬくもりを」木工作品展 3月中旬ごろまで開催予定

水窪文化会館に木工作品の森が出現

水窪町内の工房「キダッチャ」の木工作品を展示しています。
作品は、水窪の木材を使って作成されたもので、まな板やへらなどの台所用品や椅子・ベンチ・ハンガー掛けなどの家具、脳トレになるパズルや車のおもちゃなど、幅広い作品を展示しています。
一口に「木」と言っても多くの種類があります。そんな木の種類を比べることができる箸の展示も。15種類の木で作った箸のサンプルが並べられ、木の種類による重さや硬さの違いを実感できます。また、種類の違う木で作った鮎をかたどった栞も展示しています。それぞれの木目の違い、手触りの違いを体感することができます。
知っているようで知らない木の魅力に触れることができる展示です。
ぜひ、木のぬくもりを味わっていってください。

並べられた木工作品木で作られた台所用品

木のおもちゃ木で作られたしおり

異なる素材で作られた箸

昔の水窪の写真を探しています!

水窪文化会館では水窪の過去の姿を未来へ伝える貴重な資料として、昔の水窪の写真を集めています。
写真をお貸しいただける方、ご協力いただける方は、ぜひ水窪文化会館まで、ご連絡をお願いします。

年代は問いません。
・写真はコピーを取らせていただき原本は、お返しいたします。
・ご承諾いただける場合は、文化会館の企画展示などで活用させていただきます。

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:3月9日(火曜日)午後7時30分~9時
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

水窪文化会館ピアノ・ホール
無料開放

水窪文化会館のピアノとホールステージを無料開放します。
水窪文化会館にある楽器などの使用や、ご自分の楽器などを持ち込むことができますので、お気軽にご利用ください。

3月の開放日:
1日(月曜日)・8日(月曜日)・
15日(月曜日)・22日(月曜日)・29日(月曜日)

時間:午前9時~午後5時
問合せ:水窪文化会館(電話982-0013)

 

水窪民俗資料館に節分飾り(『バリバリ』)

古民家に飾られた節分飾りガヤの木とイワシの頭

今年は、2月2日が節分で、これは124年ぶりとのことでした。
水窪民俗資料館横の古民家には、節分に合わせて水窪の伝統的な節分飾り(『バリバリ』)が飾り付けられました。
これは「水窪文化財懇話会」の皆さんが飾り付けてくださったものです。
水窪では、ヒイラギの代わりに「ガヤ」の木を使うのが特徴で、イワシの頭と一緒に飾ります。
鬼は、焼いた魚の匂いと煙を嫌い、「ガヤ」の尖った葉は、鬼の目を刺すと言われています。

民俗資料館1階で、土雛を展示中!
期間:2月15日(月曜日)~3月31日(水曜日)

 水窪図書館からのお知らせ

おすすめ新入荷本

気になる本があったら、ぜひチェックしてみてください。

『トヨタの描く未来 トヨタ式新しい時代の働き方』 
桑原 晃弥/著
危機を迎え撃ち、常に変化し続けることで成長してきたトヨタのやり方や考え方、行動の仕方を紹介する。

 

『免疫力は食事が9割』
森 由香子/著
「食」こそ最強の「感染症対策」。免疫細胞を目覚めさせる食べ物や食べ方など、「負けない体」をつくる食事術を紹介する。

 

『Colorful Life 幸せな色を探して』
三井 昌志/著
インド、ミャンマー、バングラデシュなどで出会ったのは、日々を笑顔で暮らす人たち。そこには鮮やかな色が満ちていた-。

 

『失われゆく仕事の図鑑』
永井 良和/[ほか]著
アイスキャンデー売り、鋳掛屋、ネオン管職人…。121の消えた仕事・消えつつある仕事を、写真やイラストとともに紹介する。

 

『漢字は生きている クイズ120問』
笹原 宏之/著
古代から変わり続ける漢字。丸暗記式では分からない、漢字の本当の面白さを再発見して楽しむ本。

 

『吉永小百合 私の生き方』 
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班/著
「最後のスター」の素顔とは-。女優・吉永小百合が、仕事、人生、悔いなく生きる日々を語る。写真も収録。

 

『太郎の窓』
中島 信子/著
お父さんはいつも「男らしくしろ」というけれど、太郎は男らしくなんてしたくない。心と体の違いに苦しむ太郎の成長を描く。

 

『14歳の教室 どう読みどういきるか』
若松 英輔/著
先が見えずに苦しいとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「考える」など素朴な動詞の意味を問いながら、大切な言葉と出会う7つの授業。

 

『もしもトイレがなかったら』
加藤 篤/著
地球に住む人々が安心して衛生的に暮らすために大切な「トイレ」について、災害時の事や昔の事などを交えながら解説する。

 

『きょうりゅうたちのおーっとあぶない』
ジェイン・ヨーレン/文
マーク・ティーグ/絵
おーっと、あぶない!元気いっぱいのきょうりゅうたちには、ひやっとする瞬間もいっぱい。どうやったら安全に楽しく遊べるかな?

 

『チャーリー、こっちだよ』
チャレン・レヴィス /さく
チャールズ・サントソ/え
目が見えないウマのチャーリー。いつもひとりでいるヤギのジャック。そんなふたりに交流が生まれ…。実話をもとにした友情の物語。

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?