緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2021年1月20日

水窪文化会館だより(令和3年1月)

発行:水窪協働センター生涯学習グループ・水窪図書館、地域活性化団体よかっつらみさくぼ(管理委託者)

水窪文化会館だより(令和3年1月)

 

 今月のみさくぼ(季節の話題など)

令和3年水窪地区成人式が開催されました。

記念撮影をする新成人たち

スピーチをする新成人式辞を聞く新成人記念撮影をする新成人たちとその保護者
今年の成人式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策を取りながら、規模を縮小しての開催となりました。
ふるさと水窪の皆さんや小学校・中学校時代の恩師の皆さんが新成人の門出を祝福しました。
式典の後の交流会では、新成人一人ひとりが、成人となった決意や今がんばっていること、家族や地域の人への感謝の気持ちなどをスピーチしました。

手作りマスク展開催中

手作りマスク展の様子

来年もよろしくお願いします。
今年も水窪文化会館をご利用いただき、ありがとうございました。
来年も様々な企画を予定していますので、ぜひ、お気軽にお立ち寄りください!

 水窪文化会館からのお知らせ

水窪文化会館/電話:982-0013

できごと 開催教室の様子をご紹介します。

12月17日(木曜日)
水窪文化会館×浜松市天文台
移動天文教室

観察した水窪の星空水窪の星空と望遠鏡

浜松市天文台の職員や天文台ボランティアによる天文教室を開催しました。
室内の講座では、水窪が星空を見るのに適した環境であることや水窪で見える天体を紹介しました。
屋外観望会では、天文ボランティアの解説により、今の時期によく見える天体を次々に観望しました。
肉眼では見えない星の姿を観ようと、参加者は興味深く望遠鏡をのぞいていました。

1月4日(月曜日)
冬休み体験教室1
紙ひこうき教室

紙飛行機を作る子供たち紙飛行機をホールで飛ばす子供たち

簡単に折ることができて、遠くまで飛ばすことができる紙ひこうきを作りました。
バランスよく飛ばすために丁寧に折ることを心掛けていました。
より遠くまで飛ばすための練習を行い、何度も飛ばすうちにコツをつかんでいきました。
最後には広いホールを使って飛ばし、参加者は夢中になって飛ばし方を工夫しながら楽しんでいました。

1月5日(火曜日)
冬休み体験教室2
みさくぼ方言かるた大会

みさくぼ方言かるた大会の様子みさくぼ方言かるた大会の様子

水窪弁で読み札を作ったかるた「みさくぼ方言かるた」を使って、かるた大会を開催しました。
札を取った時には、読み札に使われている水窪弁の解説をして、水窪弁の勉強もできるかるた大会になりました。
1回戦目には、札を取った時に、意味を答えるというルールも導入。
盛り上がるとともに、参加者は一生懸命に水窪弁を覚えようとがんばっていました。

昔の水窪の写真を探しています!

水窪文化会館では水窪の過去の姿を未来へ伝える貴重な資料として、昔の水窪の写真を集めています。
写真をお貸しいただける方、ご協力いただける方は、ぜひ水窪文化会館まで、ご連絡をお願いします。

年代は問いません。
・写真はコピーを取らせていただき原本は、お返しいたします。
・ご承諾いただける場合は、文化会館の企画展示などで活用させていただきます。

星空観望会

月、惑星、星雲、銀河などを見ることができます。
お気軽にお越しください。

開催日:2月9日(火曜日)午後7時30分~9時
会場:水窪文化会館 天体観測ドーム
対象:子供から大人まで
・小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
・申込不要、入場無料、開催時間内で出入り自由
・掲載したイベントなどは、新型コロナウイルス感染症防止のため、開催中止となる場合があります。

水窪民俗資料館に伝統の正月飾り「男木」

古民家に飾られた男木

お正月に合わせて、水窪民俗資料館横の古民家に水窪の伝統的な正月飾り「男木」が「水窪文化財懇話会」の皆さんにより飾り付けられました。
「男木」は、およそ5メートルの杉の木を門前に2本立て、しめ縄を張り、それぞれの木に松・竹・梅の木、あわ棒を結び付けて作ったもの。
門松と同じように豊作祈願と歳神様を迎える意味があるとされています。
また、昔は使い終わった木を米や蕎麦を乾燥させるための「はざ」として再利用していたそうです。

 水窪図書館からのお知らせ

図書館のおすすめ本

気になる本があったら、ぜひチェックしてみてください。

『定年からの青春未来図 一生を心明るく生きていく秘訣』
坂口克洋/著
人生100年時代、仕事を離れた後の貴重な時間を悔いなく、有意義に過ごすには?定年後の生き方についてアドバイスを行っている“人生相談家”が、第2の青春を謳歌するための秘訣を語る。

 

『Zoom基本&便利技 ゼロからはじめる』
マイカ/著
ビデオ会議の参加方法や開催方法から、チャットや画面共有といった基本の機能、より便利な設定方法や困ったときに役立つ情報まで。Zoomの基本と便利技を、豊富な画面写真でわかりやすく解説する。

『SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか』
毎日新聞取材班/著
突然の炎上、誹謗・中傷…。不幸を繰り返さないために何ができるのか?SNS暴力の被害の実態に迫り、加害者たちの正体を掘り下げるとともに、匿名の刃から身を守る方法を伝える。『毎日新聞』連載を大幅に加筆して書籍化。

『あのプロ野球選手の少年時代』
花田雪/編著
プロ野球選手は、どんな少年時代をすごしてきたのか。前田健太、菅野智之、鈴木誠也ら6人のメジャーリーガー、プロ野球選手の少年時代を知る指導者が、彼らの成長の軌跡を語る。秋山翔吾、柳田悠岐らのインタビューも収録。

『ムーミン谷のおはなし』
トーベ・ヤンソン/原作
雨が何日も降り続いています。暗い森の中、ムーミントロールはママと一緒にムーミンパパを探していました。木のむこうからじっと見つめているのは…?「どこよりも美しい谷」をはじめ、ムーミンのお話が3話入った童話集。

『なっちゃんのなつ かがくのとも絵本』
伊藤比呂美/文 片山健/絵
なっちゃんがひとりで川原にでかけてみると、今は夏のまっさかり。草が生い茂り、花が咲き、虫たちがうようよしています。夕立におそわれ、家に帰ると、おばあさんからお墓参りにいこうと誘われ…。日本の夏を描いた絵本。

『14歳の教室 どう読みどう生きるか』
若松英輔/著
先が見えずに苦しいとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「考える」など素朴な動詞の意味を問いながら、大切な言葉と出会う7つの授業。筑波大附属中学校での講義をもとに書籍化。

(仮称)天竜風力発電事業に係る図書縦覧のお知らせ

JR東日本エネルギー開発株式会社は、「(仮称)天竜風力発電事業環境影響評価方法書」について、環境影響評価法に基づいて、縦覧します。

  • 計画の概要
    ・名称:(仮称)天竜風力発電事業
    ・種類:風力発電所設置事業(陸上)
    ・最大風力出力:36,000kW
    ・実施区域:天竜スーパー林道沿いの稜線上
  • 期間:1月13日(水曜日)~2月12日(金曜日)
  • 時間:9時~17時30分(水窪図書館 開館時間)

 

水窪文化会館だよりTOPページ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所天竜区水窪協働センター

〒431-4195 浜松市天竜区水窪町奥領家2980-1

電話番号:053-982-0001

ファクス番号:053-982-0021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?