緊急情報

サイト内を検索
ホーム > 市政 > 都市整備 > 公園 > 浜松城公園(鹿谷地区) > 浜松城公園(鹿谷地区)整備に対する意見募集の結果について

ここから本文です。

更新日:2022年8月5日

浜松城公園(鹿谷地区)整備に対する意見募集の結果について

 

本市では、浜松城公園(鹿谷地区)の整備にあたり、市民の皆様のご意見を募集しました。寄せられたご意見を参考にして、下記のように設計の方針等をまとめましたので、お知らせいたします。今後も引き続きご意見を参考に、設計等の検討を進めてまいります。

1.目的

公園整備にあたり、市民の皆様のご意見を設計へ反映させるため

2.意見の集め方

(2021年)月日 概要
8月7日 地元自治会向け説明会(15人参加)

8月29日、

9月23日、24日、25日

現地説明会(33人参加)
9月30日まで 上記も含めた市民から意見提出(合計35人から)

(郵送・FAX・メール・直接持込みのいずれかで提出)

3.意見の内容と結果

35人から意見があり、内容ごとに分類したところ、154件の意見となりました。

詳細につきましては、以下の資料をご確認ください。

4.設計の方針等

集まったご意見の内容を参考にして、次のようにいたしました。

1.設計の方針

  • できるだけ既存の樹木を残し、緑が豊かな公園にする
  • 土砂災害特別警戒区域は、解消が必要な一部の斜面の対策を講じる
    (区域指定された斜面であっても、安全上で支障がないものは残す)
  • 広場を整備し、将来活用できるようにする
  • 既存の冒険広場は、幼児や6歳未満の子供を対象にしていないため、当地区で子供の遊び場機能を補完する

2.鹿谷地区のテーマ

「亀井山の森の中で、みんなが憩い、遊べる、次世代へつなぐ公園」

 

1)亀井山の森とは

  • 亀山町の語源となった「亀井山」の地形や樹木を残し、活かす
  • 茶室松韻亭の借景となっている緑を残し、落ち着いた佇まいを維持する
  • 街なかにありながら、貴重な自然を感じられるよう、散歩道を設ける

2)みんなが憩い、遊べる、次世代へつなぐとは

  • 平時は、子どもから高齢者まで多世代が使う広場を設ける
  • 非常時は、一時的な避難地等の機能を果たす公園にする
  • 設置する施設等は、可能な限りユニバーサルデザインに配慮する
  • ベンチ等には、地元天竜産の木材を使用する
  • 幼児や障がい者も含め、誰もが分け隔てなく遊べる公園を目指す

5.整備イメージ

別紙4・・・整備イメージ図(PDF:173KB)

6.今後の予定

  1. 南地区(主に広場A・Bとその周辺)(面積約0.95ha)
    2022~2024年度・・・・・工事
  2. 北地区(旧文芸館跡地、主に広場C・Dとその周辺)(面積約0.6ha)
    2022年度・・・・・設計、詳細を検討
    2023~2026年度・・・・・工事(※工事年度は、今後変更になることがあります)
    (※北地区は2022年8月5日で、一旦閉鎖します)

7.連絡先・問い合わせ先

窓口・電話受付時間は、8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)

浜松市都市整備部公園課建設グループ

担当:金子、河村

〒430-0923浜松市中区北寺島町617-6

電話番号053-457-2353/FAX番号053-457-2164

e-mail:kouen@city.hamamatsu.shizuoka.jp

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部公園課

〒430-0923 浜松市中区北寺島町617-6

電話番号:053-457-2353

ファクス番号:053-457-2164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?