緊急情報

サイト内を検索

ここから本文です。

更新日:2018年10月22日

UCLG執行理事会

開催地

ワシントンDC(アメリカ合衆国)

日程

2月8日(水曜日)

地域支部・大都市支部事務総長会議
財政管理委員会
UNACLA(地方自治体国連諮問委員会)
UCLG執行理事会オープンセッション1.
~地方政府と中央政府の関係~
レセプション

2月9日(木曜日)

UCLG執行理事会オープンセッション2.(世界銀行会長出席)
~地域開発への資金提供~
UCLG執行理事会会議

2月10日(金曜日)

UCLG委員会

  • 男女共同参画委員会
  • 都市外交委員会
  • 地方分権推進委員会
  • 地方財政委員会
  • 地方水管理及び公衆衛生委員会

参加会議の概要

 この執行理事会には世界各国・地域から278人の市長や各団体の代表等が出席していた。また、アジアからは、浜松市のほか中国人民対外友好協会やソウル市、済州県(Jeju)、台北市、UCLG-ASPACの事務局長が出席していた。
 今回の執行理事会のテーマの中心は、UCLGと世界銀行との連携であった。今まで国をパートナーとして取り組んできた世界銀行が、最終的なサービスの提供者である地方自治体と、UCLGを通して連携していくことが当執行理事会の中で確認された。

<UCLG執行理事会オープンセッション1.>

当オープンセッションでは、“地方政府と中央政府の関係”が中心的なテーマであった。セッションの中で、ワシントンDCのウィリアム市長は「市民の需要は増える一方で、地方自治体の財政的な自治は低下している」と語った。また他の市長からも地方分権の必要性が訴えられ、地方政府の権限強化の必要性が認識された。

オープンセッション1.

<UCLG執行理事会オープンセッション2.(世界銀行会長出席)>

当オープンセッションでは、世界銀行とUCLGの連携の必要性と地方自治体への直接支援の必要性が訴えられた。現在、世界銀行による支援は、各国を対象に行われており、当オープンセッションに参加している市長からは「世界銀行による支援を分権化し、住民サービスの提供者である地方自治体を対象に行われるべきである」という意見が出された。

世界銀行会長

オープンセッション2.
左から:ワシントンDC市長、世界銀行会長、UCLG会長(キト市市長)、UCLG会長(パリ市市長)

 また、UCLGの会長であるパリ市市長は「世界銀行はUCLGをパートナーとして認識する必要がある。地方政府は、ローンを組むにあたり世界銀行の支援を必要としている。この点において、世界銀行は、UCLGのパートナーとなりうる」と訴えた。
 さらに、UCLGの会長であるキト市市長は「地方政府の優先順位を本当に考慮した国際的な投資により支援を受けた効果的かつ透明性ある財政マネジメントが市民の日常生活を変えるのである」と訴えた。
 それに対し、世界銀行の会長は「地方政府のマネジメントにおいて良き統治と透明性が重要である。また、UCLGとの連携を推進していきたい」と発表した。

<UCLG執行理事会総会>

当総会では、UCLGの各支部における2005年の活動報告がされた。また、2006年の予算が提案され、承認された。

060208_04

執行理事会会議

060208_05

男女共同参画委員会

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部国際課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2359

ファクス番号:050-3730-1867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?