緊急情報

サイト内を検索
ホーム > よくある質問から探す > よくある質問:保険・年金 > 国民年金に加入しなければならない人とは

ここから本文です。

更新日:2021年3月4日

国民年金に加入しなければならない人とは

質問

国民年金に加入しなければならない人とは

回答

国民年金はすべての国民に、老後の生活保障などを行うことを目的とした制度です。日本に住んでいる20歳から60歳までのすべての人の加入が義務付けられています。

第1号被保険者
・自営業や農林漁業などを営む人とその配偶者および学生(第2・3号被保険者に該当しない人)

第2号被保険者
・厚生年金に加入している人

第3号被保険者
・会社員など(厚生年金の加入者)に扶養されている配偶者

希望によって加入できる人
・60歳以上65歳未満で日本国内に住所のある人
・60歳未満の老齢(退職)年金受給者
・20歳以上65歳未満で海外在住の日本人
・65歳に達しても年金受給権が確保できない人で、昭和40年4月1日以前に生まれた方は、70歳になるまでの間で受給権を得るまで加入できます。

詳しくは、浜松市公式WEBサイト(公的年金のしくみ)をご覧ください

★お問い合わせ先
区役所 長寿保険課
中区 053-457-2211
東区 053-424-0183
西区 053-597-1166
南区 053-425-1582
北区 053-523-2864
浜北区 053-585-1125
天竜区 053-922-0021

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部国保年金課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2637

ファクス番号:050-3730-5988

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?