ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2019年12月号 > 知っトク情報 おしらせ(広報はままつ2019年12月号中区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

知っトク情報 おしらせ(広報はままつ2019年12月号中区区民のページ)

お知らせ

アクト通りふれあいデイ

産業振興課 TEL 457-2095

日時:12月15日(日曜日)午前9時~正午(雨天中止)
場所:アクト通り
内容:地域の農産物や特産品のPR販売、年に一度の抽選会やステージイベントなど
※商品がなくなり次第終了します。
※当日、直接会場へ

街カド レトロモール

産業振興課 TEL 457-2285

日時:12月21日(土曜日)午前10時~午後3時
場所:砂山銀座サザンクロス商店街
内容:浜松市内29店の商店が結成する仮想の商店街「浜松サンマルヨン商店街」が開催するマルシェ。こだわりのつまった食べ物や雑貨のお店、魅力ある店主が集まります。サザンクロス朝市と同時開催。
※当日、直接会場へ

家族介護教室

中区長寿保険課 TEL 457-2062

日時:1月22日(水曜日)午後1時30分~3時30分
〈受付〉午後1時15分
場所:福祉交流センター4階43会議室(中区成子町)
テーマ:転ばない身体づくり!
内容:加齢により筋力が衰え骨粗しょう症になると、日常生活の少しの動作で骨折しやすくなります。筋力とバランス能力を高める毎日の軽運動や骨密度を増やす食事について、体験を通して学びましょう!
定員:30人(先着順)
対象:高齢者の介護者、近隣の支援者、介護に関心のある人
持物:筆記用具、薄手のフェイスタオル(体操で使います)
※軽運動のできる服装で参加してください。
申込:12月23日(月曜日)以降に、電話で地域包括支援センター鴨江(高齢者相談センター鴨江)(TEL 456-3362)へ

1歳6カ月児健康診査

中区健康づくり課 TEL 457-2890

対象となる人には健診日時、場所を記載した案内文書および健康診査票を個別に郵送します。
対象:健診当日に1歳6カ月~1歳7カ月の子供
内容:身体計測、内科健診、歯科健診、育児に関する相談、食事・歯に関する相談
持物:母子健康手帳、健康診査票、はますくファイル
申込:市外からの転入や市内転居した人で、通知が届かない場合は、電話で中区健康づくり課へ

大人のための食育講座

中央保健福祉センター TEL 413-5577

食育ボランティアと協働で食育講座を開催します。健康な食生活について一緒に学んでみませんか。
日時:1月16日(木曜日)午前9時30分~午後0時30分
場所:北部協働センター(中区葵東一丁目)
テーマ:「体験しよう!減塩のコツ」
内容:管理栄養士による講話と調理実習
費用:500円程度(材料代)
申込:電話で中央保健福祉センターへ(平日午前8時30分~午後5時15分)【12月24日(火曜日)締め切り】

成人健康相談

中央保健福祉センター TEL 413-5577

日時:毎週月曜日(祝日を除く)午後1時~3時
場所:中央保健福祉センター(中区板屋町)
内容:保健師による健康相談
対象:中区民で生活習慣病など、健康に関する相談がある人
持物:健康手帳(持っている人)
※当日、直接会場へ

禁煙相談

中央保健福祉センター TEL 413-5577

日時:1月16日(木曜日)午前9時~、午前10時30分~
場所:中央保健福祉センター(中区板屋町)
内容:ニコチン依存度テスト、喫煙タイプテスト、禁煙補助剤・禁煙外来の紹介など
対象:中区民でたばこをやめたいと思う人や、家族に禁煙を勧めたい人
申込:電話で中央保健福祉センターへ(平日午前8時30分~午後5時15分)【1月9日(木曜日)締め切り】

予約制健康相談

中央保健福祉センター TEL 413-5577

日時:1月10日(金曜日)、2月14日(金曜日)午前9時~、午前10時30分~
場所:中央保健福祉センター(中区板屋町)
内容:栄養士・保健師による予約制の健康相談
対象:40歳以上の中区民で、食生活などに関する相談がある人
申込:開催日の1週間前までに電話で中央保健福祉センターへ(平日午前8時30分~午後5時15分)

もぐもぐ元気っこ教室(親子で参加!)

中央保健福祉センター TEL 413-5577

日時:1月23日(木曜日)午前9時30分~11時30分
〈受付〉午前9時10分~9時20分
場所:中央保健福祉センター(中区板屋町)
※施設駐車場はありません。
内容:生後8カ月から離乳完了までの食事の進め方、発達や事故防止についての講話や心と体を育てる遊びの紹介など
定員:24組(先着順)
対象:中区民で、令和元年5月生まれの子供と保護者
持物:母子健康手帳、筆記用具、バスタオル2枚、ミルクとお湯(必要な人)、おむつ、おしりふき、ビニール袋、おもちゃ(音の出ないもの)、着替えなど外出に必要なもの
※全てに名前を記入してください。
申込:1月10日(金曜日)から、電話で中央保健福祉センターへ(平日午前8時30分~午後5時15分)
※親子でふれあい遊びを行いますので、動きやすい服装で参加してください。

離乳食教室

中央保健福祉センター TEL 413-5577

日時:1月8日(水曜日)午後1時15分~3時30分
〈受付〉午後0時45分~1時5分
※託児希望の場合は午後0時55分までに受け付けをしてください。
場所:アイミティ浜松(中区船越町)
※施設駐車場があります。
内容:離乳食についての講話と調理実習、歯科ミニ講話
定員:28人(先着順)
対象:中区民で、令和元年8月生まれの子供の保護者
持物:母子健康手帳、筆記用具、エプロン、三角巾(バンダナや大判ハンカチで代用可)、食器用布巾2枚
費用:100円(実習材料費)
申込:12月18日(水曜日)から、電話で中央保健福祉センターへ(平日午前8時30分~午後5時15分)

託児を希望する人へ
※子供を預けられない場合のみ、会場で託児します(病気・けがなどで対応が必要な場合は、託児をご遠慮ください)。
○バスタオル2枚、おむつ3枚以上、おしりふき、ビニール袋、ミルクとお湯(必要な人)、着替えなど外出に必要なもの。全てに名前を記入し、1つの袋にまとめてください。
○子供用の名札を、シールやワッペンなど安全なもので用意してください。
○休憩時間には、授乳や子供の様子を見に行くことができます。

Pick Up!地域防災について考える

10月6日(日曜日)、東部協働センターで、地域課題解決事業「ご近所防災まち歩き地図作り」を開催しました。常葉大学の木村佐枝子(きむらさえこ)准教授を講師に招き、江東地区の住民およそ70人が地域の防災について学びました。
講義では、実際の災害時に問題となった「災害対応のジレンマ」について意見交換を行うクロスロード体験を、常葉大学の学生と共に行いました。例えば、「3,000人がいる避難所に食料が2,000食しか確保されていない場合、その食料を配るか配らないか」という問題。参加者は「Yes」か「No」のどちらかを選び、それぞれ意見を出し合いました。
その後は、実際に地域を歩いて危険箇所を確認し、その情報を基に防災マップを作成しました。参加者にとって、地域の人たちとのつながりを深め、防災について共に考える貴重な機会となりました。

クロスロード体験を実施

クロスロード体験を実施

車いすが通れる場所を確認

車いすが通れる場所を確認

まち歩きの様子

まち歩きの様子

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?