ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2019年12月号 > いきいきトピックス(広報はままつ2019年12月号中区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

いきいきトピックス(広報はままつ2019年12月号中区区民のページ)

編集室

古くなった物には魂が宿り、「付喪神(つくもがみ)」となって人々にいたずらをするというおとぎ話があります。室町時代から伝わるとされる絵巻物には、年末の大掃除で捨てられた付喪神たちが怒って一揆を起こす様子がとてもかわいらしく描かれています。かわいそうで、物が捨てられません。(茉)

中心市街地にアートが出現!浜松Open Art 開催

10月26日(土曜日)から11月3日(日曜日)まで、中区地域力向上事業「第3回浜松OpenArt」が開催されました。
「アートを生活の中に」をコンセプトに、浜松にゆかりのある絵画や写真、彫刻などの芸術家が、ゆりの木通り商店街、肴町商店街、有楽街の店舗や浜松城公園で作品を展示しました。
オープニングイベントでは、プロのトランペット奏者である島裕介(しまゆうすけ)さんのスペシャルライブが行われました。歌うように吹く独特のスタイルと熱い音色で観客を魅了し、会場を盛り上げました。

三島由紀夫の名作を石舞台で上演!

10月14日(月曜日)・27日(日曜日)、浜松城公園の石舞台で、中区地域力向上事業「現代薪能(たきぎのう) 野外劇 近代能楽集 弱法師(よろぼし)」が開催されました。演劇ユニットFOX WORKSが、三島由紀夫の近代能楽集から「弱法師」を野外劇として上演しました。
この日は雨が降っていましたが、上演が始まると雲間からは満月がのぞいていました。石舞台を使った演出や、野外ならではの虫の声、そしてギターの生演奏が加わり、観客を物語の世界へ引き込みました。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?