ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2019年12月号 > はままつものしりQ(キュー)/財政事情を公表します/三遠南信ふれあいウォーク/水泳ニッポンの父田畑政治/はままつ魅力発見伝(広報はままつ2019年12月号)

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

はままつものしりQ(キュー)/財政事情を公表します/三遠南信ふれあいウォーク/水泳ニッポンの父田畑政治/はままつ魅力発見伝(広報はままつ2019年12月号)

はままつものしりQ(キュー)

家康くんのクイズに挑戦じゃ!

○○○に入る言葉は次のどれでしょう。市民協働によるまちづくりを実現するための3つの柱は、「広げる」、「深める」、「○○○」。

ア:繋(つな)がる
イ:高める
ウ:捧(ささ)げる

クイズの正解者の中から抽選で10組20人に
(1)浜松市消防音楽隊第24回定期演奏会 座席指定券
(2)浜松まつり会館 入館券

の両方をプレゼントします。

市ホームぺージの応募フォームまたは、はがきで広聴広報課へ。

 

応募はがき:記載事項
・クイズの答え
・郵便番号、住所、氏名、年代
・電話番号
・ご意見、ご感想、広報はままつで取り上げてほしいテーマ(任意)
宛先:〒430-8652 広聴広報課
(郵便番号と課名のみで届きます。)
12月31日(火曜日)締切(消印有効)
当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

市ホームぺージからも応募できます!
【応募期間】12月5日~31日

三遠南信ふれあいウォーク《東三河地域 220》

愛知のてっぺん 茶臼山高原スキー場

豊根村には愛知県唯一のスキー場「茶臼山高原スキー場」があり、今シーズンは12月21日(土曜日)にオープンします。子供や初心者でも楽しめるファミリーゲレンデ、そりゲレンデ、雪遊び場の他、山頂からおよそ1km滑走できるコースもあり、幅広い層にお勧めのスキー場です。運が良ければ、豊根村のマスコットキャラクター「ポンタ」と一緒に滑ることができるかもしれません。
スキー板やウエアなどのレンタルも充実していて、手ぶらで訪れても楽しむことができます。
さらに、スキー場内にあるレストハウス「やはず」では、ダムカレーをはじめとしたさまざまなアイデアメニューを楽しむことができます。この冬はスキーを楽しみながら、茶臼山高原の“ゲレ食”も堪能してはいかがでしょうか。
※ゲレ食:ゲレンデで食べる食事のこと

茶臼山高原スキー場

◆ 期間:12月21日(土曜日)~3月中旬
◆ 住所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
◆ 問い合わせ:茶臼山高原協会(TEL 0536-87-2345)

「三遠南信ふれあいウオーク」は、浜松・豊橋・飯田の三市で共同制作しています。

水泳ニッポンの父田畑政治(たばたまさじ)
●田畑政治と1964年東京オリンピック(後編)

観光・シティプロモーション課 TEL 457-2293

田畑政治さんのふるさとである浜松•浜名湖は、“水泳ニッポン”の基盤を築いた田畑さんの原点です。
今回も、前回に続いて田畑さんと1964年東京オリンピックについて、ご紹介します。

昭和39(1964)年9月7日、ギリシャを出発してからアジア各地を旅してきた聖火が沖縄に上陸し、沖縄本島で聖火リレーが行われました。その後、聖火は全国各地を巡り開催地の東京へ無事到着しました。10月10日の開会式では航空自衛隊浜松北基地(現在の浜松基地)所属のブルーインパルスが、国立競技場の上空に五輪のマークを描き、世界の人々を驚かせました。
日本は東京オリンピックで16個もの金メダルを獲得し、選手の活躍に日本中が熱狂しました。

会期後に田畑さんが書いた新聞記事には、自身が終戦後直ちにオリンピックの招致に乗り出したことや、東京・代々木の米軍施設(ワシントンハイツ)を移転させて、その跡地に選手村と屋内水泳場をつくったことなどが記されています。オリンピックを通じてスポーツと平和の素晴らしさを伝えようとしたことがうかがえます。また、組織委員会の大会運営について「空前絶後といわれるベルリン大会を百点とすれば百十点はある」と賞賛しました。

その後、日本水泳連盟名誉会長として、選手強化用の屋内専用プールが必要だと主張し、東京スイミングセンターを設立。ここから北島康介選手など多数のオリンピアンが育っています。田畑さんこそ、日本の水泳界の礎を築いた水泳ニッポンの父といえます。
昭和59(1984)年、ロサンゼルスオリンピックの閉幕を見届けた田畑さんは85歳で亡くなりましたが、先見の明と精力的な行動力は、日本スポーツ界の発展に影響を与え続けています。

聖火台と田畑さん/東京オリンピック開会式

聖火台と田畑さん/東京オリンピック開会式

【今号が最終回です】

一年以上にわたり、さまざまな角度から田畑さんの生涯を振り返りました。連載は終わりますが、歴史をつくった浜松の偉人である田畑さんの物語をこれからも皆で語り継いでいきましょう。

はままつ魅力発見伝

魅力的なスポットを表紙の写真と共に紹介します。

市民の安心安全を守る 浜松市消防局

私たちの日々の安心と安全を守る消防局。今年は、本市に消防制度が発足してから70周年という節目の年です。
消防局では、消防や救急活動に対する理解を深めてもらおうとさまざまなイベントを実施しています。新春恒例行事である「出初式」を始め、放水や応急救護の体験などができるイベントを市内各所で開催しており、普段あまり目にすることがない消防職員の仕事を、目の前で見て、体験できる人気のイベントです。
今月の表紙は、10月27日に行われた「消防フェアIN浜北」の様子です。放水体験に参加した子供たちは、水の勢いに驚きながらも、懸命にホースを握っていました。
また、11月の火災予防運動週間には子供たちによる防火パレードが行われ、「火の用~心!!」と大きな声で元気に呼び掛けました。
消防局では、他にも各種講座や消防局1階の消防体験センターなどの見学会を行っています。詳しくは市ホームページをご覧ください。

消防局ではSNSも更新中!ぜひ見てね♪

フェイスブック

インスタグラム

「火の用~心!」カンカン!!

「火の用~心!」カンカン!!

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?