ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2019年12月号 > 市の出来事(広報はままつ2019年12月号)

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

市の出来事(広報はままつ2019年12月号)

市に関する話題をお伝えします 10月中旬~11月中旬

10月

5日 若者が提案する「未来浜松市2019地方創生・政策アイデアコンテスト」

コンテストには市内在住、在勤、在学の高校生や大学生、社会人など11チーム52人が出場し、政策アイデアを競いました。最優秀賞は、出生率低下や若者の市外転出を抑制する政策を提言した「ゆめはま」が受賞。定住外国人の子供を対象とする学校の創設などの政策を提言した「Project Aquarela」が市長賞を受賞しました。

各チーム重点政策や予算についてプレゼンテーションを行う
各チーム重点政策や予算についてプレゼンテーションを行う

15日 発掘調査で「引間城」の堀跡を初めて発見

旧元城小学校の道路を挟んだ東側で行った発掘調査において、浜松城の前身とされる戦国時代の「引間城」の堀跡が調査区の西側と北側で見つかりました。浜松城の変遷を解明する貴重な発見となりました。

写真上:協定書を交わした日本航空(株)代表取締役会長 植木義晴さん(中央左)と市長(中央右)、写真左:浜松産の食材を使った機内食
西側の堀は江戸時代の絵図などにも表現がなく、今回の調査で初めて存在が明らかになった

19日 第28回ハママツ・ジャズ・ウィーク開催(〜27日)

ストリートコンサートやワークショップなど、多彩なジャズイベントで浜松の街中が彩られました。最終日の「ヤマハ ジャズ フェスティバル」では、歌手の平原綾香さんと、父でサクソフォン奏者の平原まことさんらが共演し、国内外の一流音楽家の迫力あるステージで、フィナーレを飾りました。

新シンボルマーク:遠州地方の方言「いーら」が印象的な、親しみやすい愛称
アクトシティ大ホールに集まったおよそ2,300人を魅了

31日 婚姻届ガイドブック配布開始

人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)を活用した持続可能な都市づくりに向け「デジタルファースト」を宣言しました。行政手続きのオンライン化など、デジタル技術を活用して利便性や生産性の向上を目指します。

11月

3日 浜松アスリートフェスティバル2019開催

東京2020パラリンピック競技大会を浜松で盛り上げ、パラスポーツに親しんでもらうイベントを開催しました。当日は、サッカー元日本代表で日本障がい者サッカー連盟会長の北澤豪さんのトークショーの他、ブラインドサッカー(5人制サッカー)やボッチャの実演・体験会が行われました。

目を隠してボールを奪い合う「ブラインドサッカー
目を隠してボールを奪い合う「ブラインドサッカー

北澤さんは「挑戦することを大事にしてほしい」と子供たちに呼び掛け
北澤さんは「挑戦することを大事にしてほしい」と子供たちに呼び掛け

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?