ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2018年12月号 > いきいきトピックス(広報はままつ2018年12月号中区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2018年12月5日

いきいきトピックス(広報はままつ2018年12月号中区区民のページ)

編集室

寒くなりました。空気が透き通ってきた感じがします。夜空の星がこんなにきれいに見える季節なのだから、ぜひ冬の花火を見に行きたいと毎年思っています。いつも寒さに負ける私です。(望)

元日本代表選手とブラインドサッカーを体験!!

11月3日(土曜日)、浜松城公園の芝生広場で「ブラインドサッカー体験教室」を開催しました。
この教室は、障がいのある人への理解を深めることと、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、パラスポーツの周知のため、企画したものです。
ブラインドサッカーとは、アイマスクをつけた状態で音の鳴るボールを使ってプレーする5人制のサッカーで、パラリンピック種目の一つ。ボールの音や仲間の声を頼りに相手のゴールを目指します。
今回の講師を務めたブラインドサッカー元日本代表の葭原滋男(よしはらしげお)さんは、自身の経験を踏まえ、障がいのある人への関わり方やパラスポーツの難しさと楽しさを参加者へ伝えていました。
午前・午後の部を合わせて、およそ40人が参加し、参加者たちは、視界を遮るという慣れない状態で、懸命にボールを追いかけていました。

写真:スタッフによる指導のもと、大人も子供も楽しく学びました
スタッフによる指導のもと、大人も子供も楽しく学びました

写真:元日本代表と対決!
元日本代表と対決!

写真:力強くシュート!
力強くシュート!

浜松城跡24次発掘調査 現地説明会開催

11月3日(土曜日)·4日(日曜日)、浜松城で「浜松城跡24次発掘調査現地説明会」を開催しました。今回の現地説明会では、新たに確認された天守曲輪(くるわ)南東に埋もれていた隅櫓(すみやぐら)の基礎について初めて一般公開。
担当者からは、「櫓基礎の西側から、この櫓にふかれていたとみられる屋根瓦が大量に出土し、屋根瓦の特徴から安土桃山時代、堀尾吉晴の在城期に築かれたと考えられる」との説明がありました。
2日間の説明会には多くの見学者が集まり、浜松城の城郭の移り変わりに歴史ロマンをはせていました。

写真:大量の瓦を前に見学者から驚きの声が上がりました
大量の瓦を前に見学者から驚きの声が上がりました

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?