ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2018年12月号 > みなトピ(広報はままつ2018年12月号南区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2018年12月5日

みなトピ(広報はままつ2018年12月号南区区民のページ)

開設40周年「第34回市場まつり」

11月3日(土曜日)、今年で開設40周年を迎えた中央卸売市場で「第34回市場まつり」を開催しました。市場では毎年この時期に、市民へのPRや市場の活性化を目的として一般市民に開放し、さまざまなイベントを行っています。今年は、40周年を記念した特売品が並んだほか、マグロの解体ショーや「せり」を体験できる催し、野菜の詰め放題を目当てにたくさんの市民が来場しました。両手いっぱいに生鮮品を抱えた来場者で大盛況の一日になりました。

写真:大にぎわいの海産物の模擬せり
大にぎわいの海産物の模擬せり

写真:新鮮な野菜を両手に抱えた子供たち
新鮮な野菜を両手に抱えた子供たち

写真:マグロは解体ショーの後、来場者に振る舞われた
マグロは解体ショーの後、来場者に振る舞われた

区役所を遊び場に「こどもと遊ぶ実践塾」

11月3日(土曜日)、南区役所で「こどもと遊ぶ実践塾」を開催しました。このイベントは、南区地域力向上事業「次世代プレーリーダー養成講座」の一環として、子供の自主的な遊びを支援することができる人材を育成することを目的に事業の実践活動として行いました。
当日は、区役所の市民ホールと駐車場、空き地を自由な遊び場として開放しました。身近にあるダンボールや新聞紙などを使い、秘密基地作りや地面へのお絵かき、ドッジボールやこま回しなどを大人も一緒になってのびのびと遊びました。
参加者からは「普段はおとなしい子供が活発に遊ぶ様子に驚いた」「大人も楽しく遊ぶことが子供と遊ぶコツなのかも」などの声が聞かれ、子供の遊びに対する理解が深まったようでした。

写真:シャボン玉を追いかける子供たち
シャボン玉を追いかける子供たち

写真:ダンボールで作った滑り台
ダンボールで作った滑り台

写真:地面にお絵かき
地面にお絵かき

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?