ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2018年10月号 > トピックス(広報はままつ2018年10月号西区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

トピックス(広報はままつ2018年10月号西区区民のページ)

魅力多彩 個性輝く 西区

~産業・文化・自然・区民の個性が輝くまちを目指します~

弁天島花火フェス

8月18日(土曜日)、弁天島海浜公園で弁天島花火フェスが開催されました。花火に加えて芸術、食、音楽も楽しめるよう企画されたこのイベントは、今年で5回目を迎えました。各ブースでは、県内の芸術家による作品の展示、地元食材を使った料理などを楽しむことができ、ステージではプロやアマチュアのミュージシャンによる演奏が会場を盛り上げました。終盤にお待ちかねの花火が湖上から打ち上げられると、観客らは美しい大輪の花に歓声を上げていました。

写真:弁天の夜空を彩ったおよそ2,000発の花火
弁天の夜空を彩ったおよそ2,000発の花火

「西区長賞」表彰式

優れた市民活動を行う団体を表彰する市民活動表彰の「西区長賞」表彰式を、8月28日(火曜日)に行いました。今年度、区長から表彰状を受け取ったのは、雄踏地区で活動を行っている「めだか広場・すずめ広場」です。「めだか広場」は0~3歳の子供とその親を対象に、「すずめ広場」は高齢者を対象に、ゲームや歌などを通した交流を週1回ずつ行い、参加者の笑いが絶えない場を10年以上にわたり提供しています。10月31日(水曜日)には「西区みんなでまちづくりトーク」にて、活動発表を行う予定です。

写真:代表の渥美さんは「みんなでもらった賞」と喜ぶ
代表の渥美さんは「みんなでもらった賞」と喜ぶ

庄内地区 箕輪町(みのわまち)交流地引網

8月30日(木曜日)、友好交流協定を結ぶ庄内地区と長野県箕輪町の小学生が、交流地引網を行いました。今回は庄内小学校と箕輪中部小学校の5年生157人が舘山寺サンビーチに集まり、自分たちの地域や学校自慢をした後、地引網が始まりました。力を合わせて網を引くと、クロダイやドウマンガニなど、浜名湖を代表する魚介類がたくさん網にかかっており、子供たちは大興奮。浜名湖の恵みの豊かさを感じながら、地域間の交流を深めました。

写真:網に入った魚が見え始め、引く手にも力が入る
網に入った魚が見え始め、引く手にも力が入る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?