ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > 広報はままつ > 広報はままつ2018年10月号 > いきいきトピックス(広報はままつ2018年10月号中区区民のページ)

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

いきいきトピックス(広報はままつ2018年10月号中区区民のページ)

編集室

浜松市の一大イベントに成長した「浜松餃子まつり」が来月開催されます。全国各地から自慢の餃子が出店され、普段はできない餃子の食べ比べを今から楽しみにしています。私のオススメは、モロヘイヤが練りこまれた裾野の水餃子です(谷)

ハートフルヒューマンライブin クリエートの夏まつり

8月26日(日曜日)、クリエート浜松で浜松市人権啓発センター主催「ハートフルヒューマンライブ」を開催しました。このコンサートは、人権を身近に感じ理解を深めることを目的とした人権ユニバーサル事業の一環で、障がいの有無・年齢・国籍などにかかわらず誰でも楽しめる内容となっています。
コンサートでは、打楽器アンサンブルグループのEnpers(エンパーズ)がさまざまな打楽器を使った「見て」「聴いて」楽しめるステージを演出。障がいのある人をサポートする認定NPO法人魅惑的倶楽部(エキゾチッククラブ)のメンバーも出演するなど、会場は大いに盛り上がりました。

写真:打楽器アンサンブルグループEnpersとNPOメンバーが共演!
打楽器アンサンブルグループEnpersとNPOメンバーが共演!

写真:歓声に応えるNPOメンバー
「世界に一つだけの花」の指揮を担当し、演奏を終えて歓声に応えるNPOメンバーの鈴木夢麻(ゆうま)さん(右から3人目)。
コンサートなどのNPO活動にも積極的に参加しています。

第7回浜松ジオラマグランプリ開催!

8月24日(金曜日)~26日(日曜日)、ザザシティ浜松で「第7回浜松ジオラマグランプリ」が開催されました。県内外から51点の応募作品が展示され、来場者による投票とジオラマに関する専門家による審査の総合点でグランプリを決定。作品のテーマはさまざまで、どの作品も細かい部分まで精巧に作られていました。訪れた人々は皆、足を止めて、一つ一つの作品の世界観に見入っている様子でした。

写真:会場には展示作品に見入る来場者の行列ができていました。
会場には展示作品に見入る来場者の行列ができていました。

写真:グランプリ作品「博士とボクのはじまりの物語」
グランプリ作品「博士とボクのはじまりの物語」

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?